COIN TOKYO

¥372,480
BTC +0.58%
¥9,900
ETH +0.90%
¥33.25
XRP +0.43%
¥8,641
BCH -2.03%
  • 2018/12/05
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は本日下落チャートを形成。短期的な反発が今後みられるのか?-12月5日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
長く続くレンジ相場の中で、12月4日に大陽線を形成した仮想通貨ビットコイン(BTC)、久しぶりの上昇をみせたビットコインは更なる上昇の動きも期待できましたが、本日12月5日は緩やかな下落チャートを形成しています。ビットコインは近々再び大陽線を形成することができるのでしょうか?チャートを確認していきます。

本日12月5日に緩やかな下落チャートを形成した仮想通貨ビットコイン(BTC)は再び売り注文量を増大させてチャネルラインをブレイク

BTC/JPYの60分足チャートをみていきます。12月4日に42万円台から大陽線を形成し、45万円台まで上昇したBTC、注文比率を合わせて見た場合、大陽線に合わせて売り注文量が減少しており、11月後半からみられるショートカバーの動きとなっています。45万円台まで上昇後のBTCは依然売り注文量は高いままであり、更なる上昇の可能性もありましたが、45万円台というレジスタンスラインは強力となっており、更なる上昇は見られませんでした。

本日12月5日の値動きにてBTCチャートは下落をみせています。すでに買い注文量が少ない状況にあるBTC市場にとって買い注文量をロスカットさせるような急落とはならず、緩やかな下落チャートを形成しています。

更に直近の値動きをみていきます。緩やかな下落チャートの中で再び42万円台に接触したBTC、市場では再び反発する期待もあるのか買い注文量が再び上昇しています。更にBTCは売り注文量も増大させており、その量は11月4日に大陽線を出現させた量にまで至っています。BTCチャートからは本日12月5日の下降トレンドラインを抜ける値動きをみせているBTCは近々大きな値動きをみせる可能性が高まっています。

12月4日に大陽線を出現させるほどの売り注文量を貯め、チャネルラインを上に抜けたBTCは上昇方向へ動き出す可能性がありますが、本日の42万円台接触にて買い注文量も溜まっています。そのため、買い注文量を解消させるように戻り売りが発生する可能性も残っているでしょう。すでにチャネルラインを抜けたBTCは今後、一度抜けた12月5日の下降トレンドラインをサポートラインとした値動きがみられるのか注目しましょう。トレンドラインを下にブレイクした場合、戻り売りの可能性が高まることになります。


仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る