COIN TOKYO

¥372,566
BTC +0.09%
¥9,927
ETH +0.37%
¥33.23
XRP +0.01%
¥8,832
BCH +1.96%
  • 2018/12/06
  • コイン東京編集部

R3社Cordaの新しいアプリケーションがリップル(XRP)支払いをサポート、両社は9月に和解していた

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国のブロックチェーン・ソフトウェア企業R3は、企業向けのグローバル決済プラットフォームCordaを促進するために、ユニバーサルな決済アプリケーション「Corda Settler(コーダセトラー)」を発表しました。同社は最初の決済メカニズムにXRPを選択しています。

暗号と従来の資産の決済を統合

ブロックチェーンベースのCorda Settlerは、あらゆるペイメントレールに渡ってCordaでの支払いのシームレスな決済を、保証するために建てられました。R3社CTOのRichard Gendal Brown氏は、Corda Settlerは長期的に様々な暗号と従来の資産を統合するように設計されていると述べています;

「Corda Settlerの導入と最初の決済メカニズムとしてのXRPのサポートは、世界で最も影響力のある暗号とブロックチェーンコミュニティの2つが育んだ、強力なエコシステムがどのように連携するかを示す重要なステップです。

「Settlerはあらゆる形態の暗号と従来の資産にオープンですが、XRPを使ったこのデモンストレーション(実証)は、価値を移転して支払いを達成するデジタル資産の、広範な受入れと使用を示す論理的なステップです」

Corda SettlerはCordaネットワークと連携して、異なる分散台帳の様々な資産間の取引を決済し、リアルタイムに承認される即時決済を提供するように設計されています。

「片方が事業の過程でCordaに支払義務が発生した場合に、決済を依頼するオプション通貨にXRPが追加されました。相手方にはXRPの決済要求が通知され、指定された期日前に所定のアドレスに支払いを行います。」

「オラクル・サービスが支払いを確認すると、両当事者は債務を和解したものとして扱うことができます。」

〇USD対XRPの価格はエクスチェンジレートを参照 出典:info.r3.com

R3のCordaプラットフォーム

R3は、グローバル規模で金融契約を締結するために設計されたオープンソースのブロックチェーンプラットフォームを開発している。200社を超える公共・私的機関と協力しています。R3によれば、Cordaプラットフォームは「金融サービスから医療、船舶、保険などの業界にすでに使用されています」と述べています。

R3は現在、次の統合オプションの優先順位付けに取り組んでいるという。ブログで他のブロックチェーンプロジェクトや決済ルートのプレイヤーに連絡を募っている。同社は、2019年の早い時期に、よりエキサイティングな発表があると約束しています。R3社共同創設者Todd McDonald氏は以下のように述べてます;

「CordaとXRPレジャーはオープンソースなので、開発チームは容易に統合できました。XRPを使用することで、暗号のコア・バリューであるピアツーピアとほぼ即時の決済資産としての有用性を示すことができます。

ユーザとビジネスネットワークは、資産取引と暗号で承認されたデジタル決済を非常に簡単な方法で組み合わせることができます。そして最も重要なことは、既存の技術と確立された決済手段を使用して、今日それを実現できることです。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る