COIN TOKYO

¥870,572
BTC +0.05%
¥19,058
ETH +0.08%
¥27.27
XRP +0.36%
¥26,411
BCH -0.13%
  • 2018/12/19
  • 2018/12/19
  • コイン東京編集部 ritz

米ウェスタンユニオン「クリプト統合の準備はできている」「リップル(Ripple)テストは進行中」

このエントリーをはてなブックマークに追加
電信送金大手の米ウェスタンユニオンは、グローバルな暗号資産の採用のペースを注視しており、顧客の支払いオプションとして、いつでもクリプトカレンシィを追加する用意があると述べています。ウェスタンユニオンのグローバル・マネートランスファー部門社長オディロン・アルメイダ氏によると、同社の全体的な通貨ラインナップにクリプトを統合する作業自体は容易だという。

20年間デジタル通貨を扱ってきたWUにとっては、国際送金に関する深い知識を伴って、いかなる新興企業よりも暗号通貨のムーブメントの恩恵を受けることができる、と主張しています。

暗号通貨の2つの要素


アルメイダ氏は、暗号通貨には2つの要素があると指摘しました。1つはデジタル通貨そのもの、もう1つはその根底にあるブロックチェーン技術です。同氏は以下のように述べています;

「ブロックチェーンは、効率的かつ効果的な方法で取引に関する情報の保存と交換を可能にします。金融サービス部門には多くの潜在的なアプリケーションがあります。WUは、当社のプラットフォームに最適なものを探すために投資しています。例えば最近では、Ripple Labs(リップルラボ)と提携して、ブロックチェーンによる支払いの送金が、より高速で安価になるかテストしました。テストは進行中です。」

さらにアルメイダ氏は、ウェスタンユニオン(WU)が今すぐ顧客オプションにクリプトを追加する事は、大きな負担ではないと付け加えています。しかし、暗号通貨が現状広く受け入れられていない理由として、ガバナンス、コンプライアンス、ボラティリティという3つの課題をクリアしていないと説明しました。

クリプトの統合はスムーズ・フィット

しかし、WUはこのような変数を解決するための準備が整っているという。同社は、既に130種類の通貨を使って資金を移動しており、これらの3つの課題すべてに多大なリソースを投じている。アルメイダ氏は以下のように述べています;

「ある日、私たちのプラットフォームに暗号化通貨を導入する事が正しい戦略だと感じたら、技術的には単に一つの通貨の追加に過ぎません。...人と国の間で資産を交換する手段として、暗号通貨が新たな選択肢になるかもしれない。そうなった時、我々は立ち上げる準備ができています。」

ウェスタンユニオン社は、数十億の銀行口座や50万以上の小売店舗がアクセスしており、キャッシュとクリプトのギャップを解消するのに適しています。同社は、2015年以来、米国Ripple社のクロスボーダー決済技術を積極的にテストしてきました。今年6月、ウエスタンユニオン社のヒクメット・エルセクCEOは、6ヵ月の試験結果に基づいて、XRPトークンを使用したxRapidプラットフォームの送金ソリューションが、「コスト削減に至らなかった」と発言していました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る