COIN TOKYO

  • 2018/12/20
  • 2018/12/20
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ハードウォレットLedger社がCrypto.com(旧モナコ)と提携でクリプト支払いを受け入れる

このエントリーをはてなブックマークに追加
19日、Crypto.com(旧モナコ)は、ハードウェアウォレット大手Ledger(レジャー)社と覚書(MoU)を締結した事を発表しました。Ledgerは、Crypto.comチェーン上のクリプト支払いソリューション「Crypto.com Pay」を導入して、クリプト支払いに対応するという。

Ledgerの新しい支払いオプション

「Crypto.com Pay」が統合される事で、Ledgerのオンラインストアで利用可能になります。ユーザーは、Ledgerストアからアイテムを購入する際、Crypto.comの支払いオプションを使用して、希望の暗号通貨でシームレスかつ安全に支払いできます。

プレスリリースでは、Crypto.com Pay機能でサポートされる暗号資産は明かされていませんが、Crypto.comのウォレットは7種類の暗号資産をサポートしています。

〇Crypto.comウォレットがサポートするコイン 出典:公式Medium

Crypto.com Payを使用することで、オンラインまたはオフラインの暗号化での決済処理手数料を大幅に削減できます。顧客は、クリプトを使用して支払いを行うことで、キャッシュバック報酬を得ることができます。

支払いの手順は、Ledgerストアで商品を選んだら、支払いプロセスでQRコードをスキャンし、暗号資産を選択する必要があります。購入は、Crypto.comカード及びウォレットアプリにアクセスし、[Pay]ボタンのクリックで完了します。

CEO、Éric Larchevêque氏は、この開発について以下のようにコメントしています;

「当社の顧客は日々の暗号資産の可能性を理解しています。ハードウェアウォレットの主要プロバイダーとして、当社がクリプト支払いオプションを提供する事は当然のステップです。」

Eric氏はまた、業界をリードするCrypto.comのイニシアチブをサポートしており、この支払いオプションは顧客の求めるものであると強調しました。

Crypto.com Chain (CRO)

最近、ERC20トークン「Crypto.com Chain (CRO)」を発行した、Crypto.com社CEOのKris Marszalek氏は、業界で“無料でどこでも”クリプトを支払える事の重要性を主張しました。CRCは、顧客と加盟店の両方にとって価値を保証し、世界中で暗号資産の導入を促進するのに役立つと述べています。

「Crypto.com Chainの構築と展開を続ける中で、業界で最も尊敬されている企業の一つ、Ledgerのサポートを受けることは非常に幸運です。」

Crypto.com Chain (CRO)は、11月末にMCOトークンホルダーにエアドロップされました。その後、DigiFinexとGOPAXに上場しています。コインマーケットキャップによると、20日時点、1CRO=2.35円前日比28.23%増、時価総額26.5億円で市場127位にランクしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る