COIN TOKYO

¥870,572
BTC +0.05%
¥19,058
ETH +0.08%
¥27.27
XRP +0.36%
¥26,411
BCH -0.13%
  • 2018/12/26
  • 2018/12/26
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

みずほ銀行が2019年3月に日本円にペッグされたデジタル通貨を発行ー日本経済新聞

このエントリーをはてなブックマークに追加
26日、みずほフィナンシャル・グループは2019年3月にデジタル通貨を発行することを決めた。買い物の決済などに利用でき、デジタル通貨をやり取りする送金手数料を無料とする。これは日本経済新聞による報道です。

みずほのデジタル通貨

みずほフィナンシャル・グループは2017年に佐藤康博会長(当時は社長)がデジタル通貨の「Jコイン構想」を表明し、開発を進めていました。この通貨が3月に始まればメガバンクが取り扱う初めてのデジタル通貨となります。

利用者はスマートフォン(スマホ)に専用のアプリをダウンロードし、店頭ではQRコードを使って決済します。

価格は1通貨あたり1円で固定され、仮想通貨のように市況で動くことはありません。
銀行口座からのチャージと戻し入れ、利用者間のデジタル通貨の送金は無料となります。

加盟店は決済額の一部を手数料として払うことになりますが、顧客から受け取るデジタル通貨から自社の法人口座への送金は即時、無料となります。

参加する地銀は自行の口座を持つ顧客に、共通ブランドで同じサービスを提供します。まずは60行ほどが参加する見通しです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る