COIN TOKYO

¥1,109,579
BTC +0.03%
¥21,536
ETH +0.38%
¥28.33
XRP -0.11%
¥33,379
BCH +0.25%
  • 2019/01/02
  • 2019/01/02
  • コイン東京編集部

ハードフォーク“後”の3週間に94%上昇したコモド(KMD)

このエントリーをはてなブックマークに追加
コモド(KMD)は半月で価格が94%上昇しました。背景には12月15日に実装されたフォーク「Sapling」アップグレードがありました。市場の大部分が停滞するなか、直近1週間にコモドは11.8成長しています。

コモドの価格推移

コモド(KMD)は、12月7日に18ヶ月ぶりの安値を切った後、12月15日に最安値0.51ドルを付けた。そんな折にSaplingハードフォークは12月15日に首尾よく実行されました。それ以来、KMD価格は利益を蓄積し始め、12月31日までにKMD=0.96ドル(107.52円)まで88%上昇しました。

〇KMD対USD,BTC 及び時価総額の1ヵ月推移 出典:CMC

1月1日正午にコモドは1KMD=0.97ドルの高値を付けた後、夜の時点に0.78ドル(87.09円)に落ち着き、過去24時間比10.04%安となる。時価総額は96.9億円で市場52位にランクしています。

コモドはまた、ブロックチェーン技術評価指数で中国政府のランキングで4位にランクされています(12月21日付)。このインデックスは、いくつかの要素に基づいてブロックチェーンプロジェクトを評価します。これは主に「一般的なアプリケーション開発向けの、より高い性能とサポートを備えたチェーン」が高評価を得る傾向があり、上位にはイオス(EOS)、イーサリアム(ETH)、ビットシェアーズ(BTS)が並びます。

コモドのハードフォーク「Sapling」

ハードフォークの成功を、コモドチームは以下のように祝しました;

「コモド開発チームは、2018年12月15日(土)のおよそ01:00 UTCに、コモドのコードベースの史上最大規模のアップデートを無事に実行しました。対象は、40以上の完全に独立した全てのブロックチェーンに渡ります。大きな問題や合併症はありません。」

ハードフォークの要点は、ジーキャッシュ(ZEC)によって普及されたSapling技術の実装です。これは処理能力を低下させることで、より効率的な匿名トランザクションを作成するように機能する。アップデートの別の要素は、Verus Coin(VRSC)にヒントを得た新しいハッシュアルゴリズムです。これにより、GPU / CPUマイニング均等分割、およびスマートコントラクトのチェーン間操作が可能になる。

コモドはジーキャッシュ(ZEC)ブロックチェーンのハードフォークとして始まり、ジーキャッシュ自身が10月に実装したのと同じ、Sapling技術を成功裏に導入しました。

コモドには、一般な匿名コインとは一線を画す、いくつかの特徴があります。まず、ユーザーは、完全に匿名の方法で独自の分散型イニシャル・コイン・オファリング(dICO)を起動できます。現在までに3~5つのプロジェクトがdICOを行い、コモドの分散型エクスチェンジ(BarterDEX)に上場している。

〇コモドプラットフォーム上で構築されたブロックチェーン図

またKMD上にスタンドアロンブロックチェーンを構築でき、40以上のプロジェクトが動作している。各取引スナップショットは、ディレイドプルーフオブワークシステム(dPoW)により、ビットコイン・ブロックチェーンに10分ごとに保存され、高いセキュリティを備える。

コモドのコンセンサスアルゴリズムは、イオス(EOS)のブロックプロデューサーと同様に、KMDを大量所有する64の公証ノードに承認される。そのため中央集権制が指摘されるが、上記のdPOWをバックアップとして組み合わせることで、セキュリティの高さが評価されている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る