COIN TOKYO

¥1,183,297
BTC +0.93%
¥33,532
ETH +1.08%
¥49.85
XRP +0.46%
¥50,927
BCH +0.70%
  • 2019/01/09
  • 2019/01/09
  • コイン東京編集部

国際送金ネットワークRippleNet参加機関が200を突破、xRapid導入5社を含む13の新規顧客を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月8日、米国のスタートアップRipple(リップル)社は、国際送金ネットワークRippleNetの顧客を13社獲得し、合計で200社を超えた事を発表しました。13の新たな金融機関は以下のとおりです;

1,Euro Exim Bank (英国)
2,SendFriend(米国);米国からフィリピンへの送金を専門とするオンラインサービス。
3,JNFX(英国);FOREXサービス。
4,Financial Transaction Control Systems(スウェーデン);電子マネーとプリペイド発行者。
5,Al Ahli Bank of Kuwait;クウェートの商業銀行。
6,Transpaygo(オーストリア);中小企業向けに1営業日以内に支払いを行う送金サービス。
7,Bahrain Financing Company;送金および通貨交換サービス。
8,ConnectPay(リトアニア);オンライン系金融サービスプロバイダー。
9,GMT Money(オーストラリア);豪州からインドへの送金サービス。
10,WorldCom Finance(イスラエル);即時送金と即時銀行預金ベンダー。
11,Olympia Trust Company(英国);外貨両替サービスも提供する信託会社。
12,Pontual(米国);ブラジルへの最大の支払いを処理する。
13,Banco Rendimentol;ブラジルの銀行

xRapidの導入

Ripple社によるとJNFX、SendFriend、Transpaygo、FTCS、およびEuro Exim Bankの5機関は、デジタル資産XRPを活用して、顧客に代わって支払いを送信する際にオンデマンドで流動性を調達する。

xRapidは、クロスボーダー支払いを行う際にXRPの流動性を利用することで、金融機関にとって目的地通貨の事前調達の手間を省き、従来のコルレス銀行よりも早く、低コストで支払いを処理することができる。

Euro Exim Bankのディレクター、Kaushik Punjani氏は、xCurrentとxRapidの両方を設計、テスト、実装しており、メリットを期待していると語る。MITに支援されたSendFriend創設者のDavid Lighton氏は、xRapidの効率性と公平性に期待を寄せる。

NFXの新興市場責任者Ashay Mervyn氏は、従来の国際送金が「コストの非効率性、スピードの非効率性、透明性の非効率性」に悩まされており、RippleNetは解決策になると語った。JNFXの顧客は、40カ国以上の事業を束ねるアフリカ最大のコングロマリットから、ナイジェリア農村部の個人まで幅広い。Ashay氏は、「RippleNetに参加して、オンデマンド流動性のための、XRPを含む支払いソリューションを利用することは合理的。」と語る。

1週間に2、3社の契約

現在、CIMBやOlympia Trust Companyなどの機関は、流動性のためにXRPを導入していないが、即時には関心を寄せているという。彼らは、より速く、より低コストで透明性の高い支払いのために、Ripple技術と最新のAPIを活用できる。

Ripple社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、次のように述べています。

「2018年には、約100の金融機関がRippleNetに加入しました。現在、毎週2社、時には3社の新規顧客と契約しています。昨年はライブペイメントを送信する顧客が350%増加しました。さらにより多くの顧客が切り替えて、オンデマンドの流動性を確保するためにXRPを活用し始めています。私たちの最終目標は、優れた効率的なクロスボーダーペイメント体験を、顧客がそのカスタマーに提供できるようにすることです。世界中のどこにいても。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る