COIN TOKYO

¥449,945
BTC +0.31%
¥15,591
ETH +0.52%
¥35.29
XRP +0.23%
¥17,960
BCH +0.72%
  • 2019/01/09
  • コイン東京編集部

テックビューロホールディングスが「mijin」を活用したリモートワーカー管理に関する実証実験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
9日、テックビューロ ホールディングス株式会社は、ナレッジオンデマンド株式会社と株式会社翻訳センターと共同で、「働き方改革」で昨今注目を集める在宅勤務者(テレワーカー)や個人事業主(インディペンデントワーカー)などのリモートワーカー管理に、ブロックチェーンプラットフォーム「mijin」を活用した実証実験を実施することを発表しました。

実証実験の概要

今回の実証実験は、翻訳センターが契約するフリーランスの翻訳者を対象に行います。

これまで企業の雇用主や発注者は、在宅勤務者や個人事業主などのリモートワーカーの情報漏洩に繫がる行為を把握し阻止することは、運用と技術の両面から難しい状況にありました。

実証実験では、リモートワーカーのアクティビティをブロックチェーン上に記録することでリアルタイムに不審行動を検知し、リモートワーカーへの抑止力になることにより印刷による情報の持ち出しや外部媒体へのデータ書き出し、第三者へのデータ送信、ネットで情報公開する事故などの情報漏洩リスクから企業を守ります。

検証した仕組みは、クライアントPCのログを取得する市販製品と組み合わせて実現している為、既存のセキュリティ製品と組み合わせた利用が可能で、センターサーバーから集中管理する方法に比べて、簡易かつ低コストに監視ソリューションを構築できることが特長です。

低コストにワーカーのセキュリティ状態を監視できるソリューションとして、リモートワーカーの監視用途以外にも、製造業における協力会社が非常駐で発注元の技術情報を扱うケースなど、幅広く活用できることを想定しているとのことです。

mijinとは

「mijin」は「NEM」のコア開発者が合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで幅広く利用できる、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築することができます。

既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る