COIN TOKYO

  • 2019/01/15
  • 2019/01/15
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

急成長の取引所Bitrueのリップル(XRP)基軸市場が30ペアに拡張、イオス(EOS)、ネム(XEM)等を追加へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンガポールを拠点とする仮想通貨取引所Bitrueは、リップル(XRP)基軸の取引市場を30ペアに拡張すると発表しました。1月末までにリップル(XRP)との取引ペアが追加されるコインは以下4種類です;イオス(EOS)、ネム(XEM)、ポリマス(POLY)、ヴィチェーン(VET)

開設からわずか4か月の取引所は、注目すべき成長を遂げています。


存在感を高めるBitrue

12月のBitrueのツイートによると、昨年Q4(9月-12月)にプラットフォームの取引量は240%増加。12月5日に、Bitrueの1日当たりのXRP取引量は米国の老舗取引所PoloniexとBittrexを上回り、XRP市場全体の2%を占めた事を報告しました。

〇Bitrueの取引市場シェア 出典:Coingecko

1月15日時点、コインゲッコーによると、Bitrueの出来高の81%をXRPとの取引市場が占めています。過去1か月にBitrueの取引量は1200万ドルから1900万ドル(約21億円)に58%増加。現在は市場53位にランクしています。

〇Bitrueの取引量30日間の推移 出典:Coingecko

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る