COIN TOKYO

¥981,952
BTC +0.09%
¥29,427
ETH +0.58%
¥46.69
XRP +1.06%
¥46,662
BCH +0.49%
  • 2019/02/07
  • コイン東京編集部

バイナンスの2018年の収益は約490.6億円と試算、年間上場トークン数は50以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Binance(バイナンス)CEOのジャオ・チャンポン(CZ)氏は、昨年7月上旬に、同取引所の純利益は2018年に5億ドルから10億ドルの間になると予想しました。The blockに算出によると、バイナンスの昨年の利益は合計4億4,600万ドル(約490.6億円)と、CZ氏の予測を下回っています。

BNBの償却実績

BinanceはBinanceCoin(BNB)の総発行量2億枚のうち、1億BNBを2017年にICO(イニシャル・コイン・オファリング)で販売し、1500万ドルを調達しました。ホワイトペーパーによると、Binanceは四半期ごとに純利益の20%を使ってBNBを買い戻し、最大1億BNBまでバーン(償却)します。BNBがバーンされる度に、Binanceは情報開示レポートを発行します。

償却された合計BNBは米ドル(USD)換算で取引プラットフォームの利益の20%と見る事ができ、Binanceの利益は1回の償却BNBの米ドル換算額の5倍と考えられます。これまでBinanceは計6度の四半期を迎えて、1,080万以上のBNBを償却しました。償却した当時のBNB価格に基づいて以下の数値が算出されています(The Block)。

〇出典:theblockcrypto.com/2019/02/06/analysis-binance-brought-in-446-million-in-profits-in-2018-despite-the-bear-market/

2018年、Binanceは8920万ドル相当のBNBを償却しており、4億4,600万ドルの純利益を生み出した事になります。これはCZ氏の冒頭の見積もりを5400万ドル(約60億円)下回りました。年間を通して利益の約71%が2018年前半に発生しました。第3四半期の利益は、第2四半期比で51%減少しました。第4四半期に利益はさらに39%減少しました。

2018年のバイナンス

〇出典:diar.co/volume-3-issue-4

利益の減少は取引量の減少と同時に起こります。昨年10月に、Binanceはすべての上場手数料を慈善団体に寄付すると表明しました。この事もまた、第4四半期の利益に圧力をかけた可能性があります。同社は年間を通して54トークン(以下)を上場する中で、第4四半期はRavenCoinを含めて全部で5トークンでした。Binanceの市場数は434と、主要な取引所の中で最大です。

〇出典:support.binance.com/hc/en-us/sections/New Listings

Binanceはまた、世界各地にフィアット対応の仮想通貨取引所の開設、そして分散型取引所にも多大な投資を行っています。昨年10月にウガンダで取引所を開始。1月にジャージーでのフィアット対応取引所をオープンしました。

10月のブルームバーグによると、米国の仮想通貨取引所コインベースは2018年の利益予想を4億5,600万ドル(約500億円)としていました。実際の数字は依然として不明です。

Coinbaseは0.1%~0.3%と高い取引手数料を設定する(Binanceは0.01%以下)一方、取引量はBinanceに比べれば小規模です。今年1月のコインベースの取引高は、Binanceの取引高の8分の1以下でした。伝統的な金融の世界で2番目に大きい証券取引所NASDAQは、2017年に7億3400万ドルの純利益を計上しましたが、従業員数4,700人はBinanceの15倍以上となります。

Binanceは現物の仮想通貨取引所として、2018年を通して取引量で最大のポジションを維持しました。同社は300人以上の従業員を擁し、約1000万人のユーザーを有しています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る