COIN TOKYO

¥591,138
BTC -0.06%
¥17,330
ETH -0.25%
¥32.91
XRP -0.17%
¥29,613
BCH -0.15%
  • 2019/02/10
  • コイン東京編集部

明確な規制と技術革新を模索するRipple(リップル)社、欧州議会議員Eva Kaili氏と語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
8日、Ripple社のブログは欧州議会議員Eva Kaili氏との対談内容を紹介しました。ブロックチェーン会議でKaili議員は、仮想通貨の採用、および周辺規制について語り、ブロックチェーンの可能性に強気な見解を共有しました。

2014年7月に欧州議会に選出されたギリシャ出身のEva Kaili議員は、議会の科学技術オプション評価機関(STOA)の会長、産業・研究・エネルギー(ITRE)委員会のメンバー、経済通貨委員会(ECON)のサブメンバーを務めています。

採用に向けたバリアの除去

Kaili議員は、ブロックチェーンおよびデジタル資産がメインストリームで受け入れられるよう、EUの体制におけるバリアを取り除こうと働きかけています。ブログは以下のように述べています;

”規制面ではまだやるべきことがあり、Kailiは、採用への障壁を取り除くのに役立つ明快さを提供するために熱心に取り組んでいます。過去4年間、Kaili議員は、ブロックチェーンとデジタル資産への欧州全体の新たなアプローチを主導してきました。”

Kaili氏はこの技術に非常に楽観的であり、イノベーションを促進するためにより少ない規制を提唱しています。2018年9月に彼女は欧州委員会と欧州中央銀行(ECB)に対し、仮想通貨のボラティリティの原因を究明し、危険性を特定し、欧州のペイメントシステムに仮想通貨を導入する可能性を検討するよう、「決議案を求める運動」を提出しました;

「私たちはイノベーションを止めたくありません。この決議案は、この非常にエキサイティングなテクノロジーをサポートするためのロードマップです。私たちはオープンマインドであることを示しました。(会場に向けて)私たちはいくつかのリスクを取り除くことで、皆さんが革新するのを助けます。」

RippleNetが解決する

Kaili議員は、RippleNetの国際送金がいかに役立つか、その可能性を語りました。仮にギリシャの彼女の母親が早急に現金を必要とした場合、通常の銀行振込はブリュッセルからギリシャへの送金に3営業日かかります。この場合、即時で低料金な国境を越えた支払いが可能なRippleNetが利益をもたらすだろうと述べました;

「私がRippleNetを使って資金を母に送ることができれば、母はすぐに支払いを受け取るだろう。」

ブロックチェーン奨励ファンド

〇デジタルヨーロッパプログラム 出典:ec.europa.eu/isa2

欧州議会では、2018年2月までにブロックチェーンのパイロットに、8,300万ユーロ(約103億円)が割り当てられており、2018年から2020年にかけて最大3億4,000万ユーロが拠出される可能性があります。さらには、2021-27年のイノベーションを推進する「デジタルヨーロッパプログラム」では、ブロックチェーン関連のプロジェクトを支援するために92億ユーロもの資金が予算されました。これを受けて、Kaili氏は以下のように語りました;

「ブロックチェーン愛好家、起業家、機関に、EUの資金援助による恩恵を受けるよう推奨します。ブロックチェーンプロジェクトに使用される資金は、ヨーロッパと世界全体をつなぐだろう。ブロックチェーンは止められないテクノロジーです。その性質上、ブロックチェーン技術は国境を障害としません。これを理解しようとしない人は、ディスラプト(逆転)されるだろう。そうではなく、可能性を見るべきです。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る