COIN TOKYO

¥628,376
BTC -0.09%
¥19,461
ETH -0.31%
¥36.23
XRP -0.08%
¥33,409
BCH -0.39%
  • 2019/02/11
  • コイン東京編集部

仮想通貨ハイパーキャッシュ(HC)、ポスト量子リング署名技術の発表で30%価格が上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
週末にかけて、HyperCash(ハイパーキャッシュ:HC)の価格が30%増加しました。

2月8日にHyperCashは、ポスト量子にリンク可能なリング署名コードの完成をアナウンスしました。ハイパーキャッシュは、量子耐性のある仮想通貨「ポスト量子仮想通貨」として、量子コンピューターによる攻撃に対抗する様に開発されています。

リリースによると、コードは現在のところテストネットで展開テスト段階に入っています。HyperCashはポスト量子リング署名アルゴリズムを実装する世界初の仮想通貨になると主張しています。

ポスト量子なリング署名とリング機密取引

このアルゴリズムはHCASH主任リサーチャーDr Joseph Liu氏の論文「ポスト量子ワンタイムリンク可能なリング署名とリング機密取引への適用(Post-Quantum One-Time Linkable Ring Signature and Application to Ring Confidential Transactions in Blockchain)」に基づいており、IACR(国際暗号研究協会)で発表されています。

このバージョンでは、量子化におけるMIMO(多入力多出力)伝送をサポートする、ポスト量子耐性な格子暗号のリングCT(機密取引)プロトコルを導入します。モネロ(XMR)が採用するリングCTに、量子耐性である格子暗号をカバーした、包括的なリングCTプロトコルと理解できます。

HyperCashによると以下の3つを約束します;「リンク可能なリング署名(ユーザーの匿名用)」、「コミットメントスキーム(取引金額の非表示用)」、「範囲証明(隠れた値が確実に正の金額になる)」。すべての部分が格子暗号の設定になっているため、プロトコル全体がポスト量子です。

HCの価格動向

coinmarketcap.com/currencies

11日時点、仮想通貨HyperCash(HC)は1HC=131円、時価総額57億円で市場69位にランクしています。取引量は7日の472,437ドルから10日の4,642,031ドル(約5億円)に約10倍増。主要な市場はバイナンス、フオビ、EXX(取引マイニング)が占めています。

HCの価格動向について購入判断は非常に困難です。30%もの上昇後、ここからのロングは損失につながりそうです。ランダムなアルトコインが週末にパンプされ、その後ダンプされることも珍しくありません。今週はHyperCashでした。

取引量もそれほど多くないため、今後数時間で後退が容易に生じる可能性があります。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る