COIN TOKYO

¥591,209
BTC -0.07%
¥17,346
ETH -0.14%
¥32.93
XRP -0.05%
¥29,622
BCH -0.21%
  • 2019/02/13
  • コイン東京編集部

ダッシュ(DASH)が新たに投資ファンド「Dash Ventures」を設立へ、利益はDASHで還元

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダッシュ(DASH)は、ブロック報酬から直接資金を調達する新しい投資ファンド「Dash Ventures」の設立に向けた大きな進歩を遂げたと表明しました。ファンドはケイマン諸島に登録され、別の事業体になります。ベンチャーからの利益はDashネットワークで分配されます。

DASHのバーンで利益分配

プロジェクト戦略を判断するDash Core Group(ダッシュコアグループ)社は、先週の2018年第4四半期サマリーミーティングで、「Dash Ventures」の設立について認めました。

Dash Venturesはケイマン諸島で登録され、完全に独立した分散型自律組織(DAO)として、「資産、株式、技術、またはその他の投資手段」への投資を行い、利益はブロックチェーンネットワーク全体に再分配される予定です。

Dash Core社CEOのRyan Taylor(ライアン・テイラー)氏によると、DASHエコシステムのメンバーが個人情報を提供しなくてもDash Venturesから資金的な恩恵を受け取れるような法的構造を採っています。ファンドは、利益を共有する方法としてDASHをバーン(償却)します。Taylor氏は以下のように述べています;

「私たちが直面した最も厄介な問題の1つは、投資利益をネットワークに分配する方法です。どのような直接配給でも、すべての受取人にKYC / AML文書の提出を要求します。これは費用と時間がかかり、受取人に税金の影響をもたらします。代わりに、私たちはDASHを公開市場で購入し、それをバーンしてすべてのDASH保有者への価値の移転を平等に促進するよう、財団に指示します。これは、株式の買い戻しと同様に循環供給を減らし、DASHの価格を引き上げるだろう。」

Coinbaaseへの上場申請

2014年に設立された「デジタルキャッシュ(DASH)」は、ファイナンシャルフリーダムを全ての人々に届けるために作成されたピアツーピアペイメントネットワークです。DASHはオープンソースで、採掘可能な仮想通貨であり、分散型自律組織(DAO)によりエコシステムが運営されています。ブロックチェーン上のトランザクションの検証と承認は、マスターノードに依存しています。

Dash Core Groupはまた、米国の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)に上場申請書を提出したことを確認しました。Dash Core CMOのFernando Gutierrez氏は以下のように述べています;

「Coinbaseに上場されれば、DASHへの簡単なアクセスをおそらく数百万人もの多くのユーザーに提供でき、エコシステムに利益をもたらすだろう。Coinbaseには非常に包括的なツールスイートがあり、それは多くの仮想通貨ユーザーにとって好ましいプラットフォームです。DASHの多くの利点を披露できるようになる前提条件と言えます。」

Coinbaseは9月に新しい方針を発表し、プロジェクトから上場申請できるようにした。Coinbaseで利用可能な資産の数は急速に増えています。現在17の異なる仮想通貨がサポートされており、そのうち12種類は過去4か月間に追加されました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る