COIN TOKYO

¥438,205
BTC +0.25%
¥16,007
ETH +0.79%
¥36.10
XRP +0.26%
¥15,904
BCH +0.65%
  • 2019/02/13
  • コイン東京編集部

三菱UFJフィナンシャル・グループが米Akamaiが「Global Open Network株式会社」を共同設立、ペイメントネットワーク事業の本格化に向けて

このエントリーをはてなブックマークに追加
12日、株式会社三菱UFJフィナンシャルグループは、Akamai Technologies, Inc.と、今般新たなペイメントネットワーク事業の本格化に向けた戦略的な提携関係の強化、及び「Global Open Network株式会社」の共同設立に合意したいことを発表しました。

Global Open Network株式会社

MUFGとAkamaiは2018年5月に「決済処理速度2秒以下、世界最速の取引処理性能毎秒 100 万件超の取引」を可能とする新型ブロックチェーンの開発を発表。機能拡張により、処理速度は毎秒1000万件超への展望も可能となるとのこと。

新会社は、MUFGのペイメント事業におけるプレゼンスと、Akamaiの世界最速水準・高セキュリティなエッジプラットフォームを活かし、2020年上期を目途に、日本における新型ブロックチェーン技術を基盤としたオープンなペイメントネットワークの提供を目指す。

新たなペイメントネットワークは、新型ブロックチェーンの高速処理性能や安全な価値移転等の特性を活かし、IoT 時代の「使っただけ課金(時間単位課金)」や「マイクロペイメント(少額支払い)」等の新しいペイメント手段や、「シェアリングエコノミー(共有型経済)」等の多様な決済シーンをサポートする。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る