COIN TOKYO

¥442,749
BTC +0.05%
¥15,088
ETH -0.03%
¥33.99
XRP -0.05%
¥18,295
BCH +0.26%
  • 2019/02/23
  • コイン東京編集部

リップル(XRP)とBitcoinCash(BCH)がOKExの法定通貨ベースの相対取引市場に上場

このエントリーをはてなブックマークに追加
22日、取引量で世界3位(現在)の暗号資産取引所OKExは、C2C取引市場にリップル(XRP)とビットコインキャッシュ(BCH)を追加した事を発表しました。

法定通貨、大規模な相対取引需要に

OKExはC2C取引市場にXRPとBCHのサポートを追加する予定です。2017年に開始されたカスタマーツーカスタマー(C2C)市場は、フィアット対応の相対取引(OTC)として機能します。近年高まる需要を受けて対応通貨を増やしており、現時点で英国ポンド(GBP)、中国人民元(CNY)、ベトナムドン(VND)、ロシアルーブル(RUB)、タイバーツ(THB)を利用して、各トークンを売買できます。

C2C市場に対応している他の暗号資産には、ビットコイン(BTC)、テザー(USDT)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)があります。C2C市場には、ユーザーのKYCと取引規模別に3つのエリアが設けられています。特にCNYの利用者が多い模様。

〇出典:OKEx

1、Individual traders:KYC(顧客確認)により利用可能
2、Verified traders:5,000 OKBの準備預金により利用可能(画像下)
3、Block Trading Market:大量取引、単一注文量の最低限度≧100,000、そして最高限度<1億(画像上)

一方でOKExは2月26日以降C2C取引プラットフォームからクオンタム(QTUM)、ネオ(NEO)、およびExchange Union(XUC)を削除する事を発表しました。

最近、OKExはその暗号デリバティブ・プラットフォームにBitcoin SV(BSV)、クオンタム(Qtum)、ダッシュ(DASH)およびネオ(NEO)を追加しました。これらは、3倍のレバレッジでビットコインかテザーに対して取引できます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る