COIN TOKYO

¥1,109,568
BTC +0.06%
¥21,517
ETH +0.09%
¥28.33
XRP -0.10%
¥33,383
BCH +0.07%
  • 2019/02/27
  • 2019/02/27
  • コイン東京編集部

ロシアが3月に暗号資産の法案を発表か|石油に基づく国家暗号通貨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアの国会は3月に暗号通貨に関する法律を見直す可能性がある、と現地で報じられました。国家院の経済政策委員会のメンバーOleg Nikolayev氏によると、現在法案作成の最終段階にあるという。新法案の採用により、ロシア政府はブロックチェーン技術と暗号通貨の開発機会を提供する見込みで、企業や専門家コミュニティはデジタル経済を含む成長著しい分野に大きな期待を寄せている。21日に現地メディアFinance.ramblerが報じました。

APEC、CIS諸国の経済圏

Finance.ramblerの最近の報道によると、新法案の最も注目されている部分が、石油に裏付けられた国の暗号通貨の発行だとされています。プロジェクトを率いるのが元エネルギー省大臣のイゴール・ユスフォフ(Igor Yusufov)氏とされ、提案の実現にかなり具体的な見通しがある模様です。この動きは、米国の経済制裁に対抗する手段とされています。

ユスフォフ元エネルギー大臣は、石油に裏付けられた暗号通貨の発行の利点を以下のように述べています;

「為替レート変動の予測不能性、為替手数料、取引制限といった裏付けされていない通貨使用に関連するコストを回避することができる。こうしたプロジェクトは、ロシアおよび国際的なデジタルエコシステムの開発に大きく貢献でき、商業インフラ、ブロックチェーンの使用、および非金融サービスに向けたスマートコントラクトの新たな基準を設定することができます。」

「世界規模でのデジタル経済の発展の論理は、石油市場の現状と米ドルでの支払いの不安定性において、まさにこの発展の道を示唆しています。暗号通貨プラットフォームのローンチ後、石油生産国は近年制限されすぎてきた金融および貿易の制限に関して行動できるようになるだろう。」

ユスフォフ元エネルギー大臣は、このプロジェクトがロシアを含むOPEC諸国間にとって、石油とガスの輸出を拡大させ、最大の利益をもたらすと考えています。OPEC加盟国は、世界の石油埋蔵量の2/3以上を管理しており、「自分達の利益のためのそのような組合は論理的であり、経済的にも正当化される」と述べた。ユスフォフ氏はさらに、将来的には石油だけでなく、ガスや電気などの交換エネルギー資源の取引プラットフォームの構築も視野に入れているという;

「石油ベースの暗号通貨は、暗号市場全体の信頼できる構造を作り出す先駆的なプロジェクトになるだろう。」

モスクワ金融センターの再興

経済制裁の文脈において、ユスフォフ元エネルギー大臣は、エネルギー生産国(ロシア、アゼルバイジャン、カザフスタン)と消費国(ベラルーシ、ウクライナ)を含むCIS諸国連合の枠組みの中でプロジェクトの立ち上げには利点があると見ている;

「ロシア政府がしばらく前に確立した、モスクワ金融センターとしての位置づけの復活をベースに見ることも可能だ。...センターは、真のセキュリティを備えた暗号通貨の世界初のセンターになることができる。」

これまで、米国の経済制裁を迂回するために、イラン、北朝鮮、ベネズエラが暗号通貨に投資している事が報じられました。米国の制裁は、人、国家、企業との取引を禁止する様に機能します。これらの禁止は、メインストリームの金融機関の助けを借りて執行されます。しかし、暗号通貨は伝統的に確立されたシステムを効果的に迂回する可能性があります。

プーチン大統領自身が、経済制裁を回避し自国の大規模な大陸間取引の多くを追跡可能な暗号通貨の作成を、専門家チームに命じたと見られています。ユスフォフ元エネルギー大臣は、プロジェクトの「ロードマップ」の作成がほぼ最終段階にあると語っています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る