COIN TOKYO

¥944,908
BTC +0.05%
¥20,359
ETH -0.02%
¥29.16
XRP -0.41%
¥29,721
BCH +0.05%
  • 2019/03/01
  • 2019/03/01
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

TrueUSD (TUSD)のステーブルコイン市場での優位性とは?- BBODリサーチによる将来性分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
TrueUSD (TUSD)は、信用できるステーブルコインなのか?今後ステーブルコイン市場でトップになれるのか?
この度は、TrueUSD (TUSD)の将来性について、調査レポートを公開させていただきます。

記事提供:Blockchain Board of Derivatives(BBOD)

1.TrueUSD (TUSD)の概要

TrustToken プラットフォームが発行した最初の資産であるTrueUSD (TUSD)は、ERC20で米ドルの価格に固定されるステーブルコイン です。
顧客の資産を完全に担保するために信用できるエスクロー口座の分散型ネットワークを利用し、TUSDがフィアット(法定通貨)の米ドル準備金に連動し、一貫して為替レートが1:1となることを保証します。

1つの中央銀行とは対照的に、多数のエスクロー口座を利用することで、トークン保有者に常に資産の説明責任と不正利用に対する法的保護を提供し、結果的にカウンターパーティーリスクを軽減します。

ネットワークにある信託会社の口座は、定期的なフィアット保有量の公表や、毎月証明書を発行することが要求されます。 最高のセキュリティを提供するために、世界をリードする第三者機関の監査人によって信託会社のセキュリティ監査を実施し、ユーザーの資金が安全であるという信頼を高めます。

TrustTokenは、確かにエスクロー口座を利用することが、分散型ステーブルコインの最終段階ではないことを認識しています。そして、仮想通貨エコシステムが十分に成熟し、このようなソリューションに達成できるようになると、他の可能性を模索する気があるようです。

Tetherのような会社が、1つの中央集中型アカウントに少額の準備金を保管し、支払能力を証明せずにユーザーの資金を利用するような市場において、TUSDはトレーダーが非常に不安定である市況の中で、ポートフォリオをヘッジするための最も実行可能な選択肢の1つであるでしょう。

2.解決すべき問題


2-1. 信用できないステーブルコイン
特定のステーブルコインを信用するかどうかに関して、最近までほぼ議論されてきませんでした。単にそれは、仮想通貨界には非常に多くの情報や利益があったため、人々の注意がそらされて資金の相対的な安全性をしっかり理解できる機会がなかったのです。ところが、ここ1年間でこのような見通しは全く変りました。

その大部分は2017年に始まったTether (USDT)のスキャンダルが起因であり、そのスキャンダルは今日の仮想通貨市場で解明されてきています。

Bitfinexedという熱心な仮想通貨コミュニティメンバーと、Bloomberg や The New York Timesなどのさらに信用性の高い調査ジャーナリストの両者による調査の結果、Tetherが価格を釣り上げるために利用されたということが明らかになりました。

2017年の強気相場の中では、Bitfinex のようなTetherと怪しい関係を持った取引所が恩恵を受けました。しかし、おそらく市場参加者にとってより重要なことは、現在利用されている「部分準備金銀行制度」を明らかに取得することでしょう。その制度ではTether資金のほんの一部が実際の銀行口座にあるお金によって検証可能な形で裏付けされます。

この議論に疑いを増し続けているのは、Tetherがユーザーのために定期的な監査を提供することができない、あるいは提供を渋るからであり、ユーザーは資金に対する支払い能力に疑問を持っています。

さらに、BitfinexやKrakenのような取引所で資金を随時引き出すことができないケースが、資金が確実に安全であるという安心感を望むユーザーを動揺させました。そのため、人々は新たな代わりのステーブルコインを求めています。

今や多数のステーブルコインが新たなトップのペッグ仮想通貨になるために競い合っており、どのステーブルコインが繁栄するかどうかは、Tetherの問題に明確に取り組む会社にかかっていると思われます。そして最終的には、エコシステムが必要とするトレーダーが新たに信頼できる会社となるでしょう。


2-2. 担保の選択
ステーブルコインの基盤となる技術は、3つの主要領域に分類することができます。フィアット(法定通貨)担保型、仮想通貨担保型、無担保型です。すべてのモデルは、それぞれの長所・短所があるため、ステーブルコインがどのカテゴリーに入るかは、促進したい市場や創業者の理念によって最終的に決定されます。

・フィアット(法定通貨)担保型ステーブルコイン
まず、 TrueUSDやTUSDのようなフィアット(法定通貨)担保型のステーブルコインは、銀行が発行する従来の法定通貨と同じ方法で定着しており、単に特定金額のIOUを表します。
このようにして、各ステーブルコインのトークンは、米ドル(または他のフィアット通貨)の同等の価値に相当します:1 フィアット担保型ステーブルコイン= 1 米ドル/他の通貨。この方法は、おそらく現在のステーブルコインにとって最も実行可能な選択肢でしょう。

仮想通貨市場の相場は極めて不安定な状況が続いていますが、万が一その市場が崩壊した場合にも準備金がフィアット通貨で残り、影響を受けません。つまり、このフィアット担保型は他のタイプのステーブルコインでは不可能な安定性を提供することができるのです。

さらに、このモデルには高度に規制された能力があるため、もしステーブルコインが価値を維持できない場合、発行者からの法的な通知を受ける可能性が高いでしょう。こうして、あなたがステーブルコインの発行機関を信頼できることも結構ですが、結局は

あなたの経済的な運命を決める中央集中型の機関に再び依存することになります。
そのため、継続的な監査が独立した第三者機関によって行われることが、資金の支払い能力を保証するために不可欠なのです。

・仮想通貨担保型ステーブルコイン
次は、MakerDAO のDAIのような仮想通貨担保型のステーブルコインです。この方法は、フィアット通貨に対して特定の仮想通貨を担保として提供することで従来のフィアットシステムを完全に回避することを目的としています。

このようにして、中央集中型の仲介者を完全に避けることができ、仮想通貨市場以外のどの組織にも頼ることなく、安定した通貨を存在させることができます。
このソリューションへの注意点は、 だれもが十分に認識しているように、特に仮想通貨市場は不安定であるため、市場がクラッシュした場合に十分な準備金が確保されるように対策を講じる必要があるということです。

このようなブラック・スワン事象(市場において、事前にほとんど予想できず、起きた時の衝撃が大きい事象)を緩和する方法は、ステーブルコインを過剰に担保化して、極端な価格変動を吸収できるようにすることです。

仮想通貨担保型のステーブルコインの価格変動がある特定の不安定点に達すると、残高が自動的に清算されるように完全にブロックチェーンによって管理されます。一見すると資金の安全性を確保するように見えますが、ジレンマはポジションが清算されると担保に選ばれた仮想通貨、例えばイーサリアムに戻されるということです。

このようなブラック・スワン事象の場合、ほとんど価値がなくなるようです。MakerDAOのような企業は、多数の様々な資産に対してDAI を複数の担保にすることでこのようなリスクを軽減しようと始めていますが、このコンセプトが成功すると証明されるまでは、市場における最も安全なステーブルコインであるとは言えないでしょう。

・無担保型ステーブルコイン
最後は、担保に裏付けられない無担保型のステーブルコインです。これは、 アメリカで金本位制からフィアット通貨への移行が始まった当時の考えに似ています。もはや安全な場所にある金によって現金が裏付けされなくなり、代わりに機関は政府が言うことは正しいとただ信用し、お金を必要時に利用できるため、人々が懸念する必要がなくなりました。

とは言え、ジンバブエ、ベネズエラそして最近ではトルコのような国では政府が失敗した事例が多発したことからも、世界のいくつかの地域において政府による通貨供給の管理能力が崩壊していることは明らかです。

そう考えると、ステーブルコインの無担保型モデルを考検討することは、あまり魅力的ではなくなるでしょう。資金を安全に保管する政府を信じることができない場合、その権限を営利目的の仮想通貨会社の手に委ねることは、せいぜい無責任であるように思われます。

Basisは無担保型ステーブルコインの完全な例であり、プロジェクトを成功させるのに必要な規制要件を予見できず、最近すべての資金を投資家に返金することを余儀なくされました。


2-3.価値の保存
おそらく、ステーブルコインが緩和しようとしている最も明白な問題は、仮想通貨市場が創設してから継続的に示している極めて大きい変動性でしょう。
これは経験が豊富な投機家にとっては非常に有益ですが、継続的な仮想通貨の市場価格変動が、 現在のところ無益な価値保存にしています。

ビットコインのような知名度の高い仮想通貨が金のような従来の資産に匹敵するほど市場が十分に熟成するまでは、人々の口座の価値は常に1日で2桁分も変動することが予測できます。

結局、これが実世界の採用を妨げています。今日私たちが知っている仮想通貨に対して、企業や消費者が長期的な利益を期待して不要なリスクを負うことを望まない限り、通常の取引に使用することができないのです。

さらに、腐敗した政府がいる国に住む人々は、利益を得るために投機することに興味はなく、彼らは崩壊する経済から逃れるために、資産価値を維持しながら、単に価値保存としてブロックチェーンという革命的な技術を利用したいのです。
ただし、現在のところビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、彼らに価値保存の保証を提供できません。


2-4.実世界の資産のトークン化
腐敗した政権以外の場所では、約 256兆ドル相当の実世界の資産がトークン化され始めるにつれて、信頼性の高い価値保管がますます必要になるでしょう。現在、不動産、商品、証券、美術品などの主要市場では、トークン化がすでに実施され始めています。

所有権の共有などの革新的な投資の機会を提供するトークン化を利用して、人々がグローバル規模でお互いの価値を取引しようとするため、そのリストは拡張するのみです。ところが、トークン化の成功に欠如しているものは、仮想通貨自体がまだ提供できない、おそらく今後もできないようにも思われる決定的な価値保存です。

トークン化が繁栄するためには、 常時監査され、裏付け資産に対して完全な担保の保証を提供し、悪意のある行為者への法的効果を持ち、影響を受けた機関に代償を提供するようなステーブルコインが絶対不可欠です。最近まで、このような利点を提供するステーブルコインは市場にありませんでした。

3.TrueUSD (TUSD)のソリューション - 信頼できるステーブルコイン


3-1. 完全担保型
Tetherは製品を効果的に機能させるためには、1つの中央管理された場所にある少額の準備金だけを必要としましたが、TrueUSDは信託会社のエスクロー口座の分散型ネットワークを利用して、顧客のために完全担保を実行します。

TUSD が米ドルで 100%担保される通貨とすることで、顧客の資金が常に安全であることを保証するため、TrueUSDの見通しは極めてより頑強です。

このシステムは、 次のように作動します。人々がTUSD を購入することを決定する度に、信頼できる分散型のエスクロー口座の1つを通して、米ドルで全額を支払う必要があります。そして、同額の米ドルが、顧客が必要と判断するといつでも取り戻すことができるように口座に保管されます。

米ドルが買い戻された場合、エスクロー機構が関連するTUSDをバーン(焼却)させて、 流通するTUSD とエスクロー口座の米ドルが1:1の比率が引き続き維持することを保証します。

Tetherが顧客に USDTが完全に担保されているか、さらに実際の米ドルで裏付けられているかどうかを全く確信できない状態を提供するのに比べて、はるかに優秀な提案です。

また、Tetherは完全に担保されていることが検証不可能であることに加えて、1つの銀行口座に資金を中央管理するため、単一障害点としてハッキングされる可能性がはるかに高くなり、非常に危険です。

TrueUSDは、信頼できるエスクロー口座の分散型ネットワーク、つまり長期間にわたる高額な口座において効率的に機能してきた従来の銀行取引プロトコルによって、この問題に真っ向から取り組みます。


3-2. 第三者機関による定期的な監査
現在Tetherは資金におけるいくらかの透明性を公開していますが、内部で組織された監査であるという事実は、すべての資金における彼らの支払い能力の問題をさらに深めています。

このような公表は、現在の市場の独占力を失う危険にさらされていると組織の内部の人が認識した場合、彼らによって簡単に破壊される可能性があります。
そのような問題に対処するために、 TrueUSDは個人的な関与のない信頼できる第三者の企業によって行われる定期的な監査を一般人に提供します。

万が一 TrueUSDが支払不能であると証明された場合は、信託責任がない会社を守るために自身の評価をあえて危険にさらす気のない、信頼できる第三者機関によって呼び出されるでしょう。

こうしてTrueUSDは、顧客に資金が紛れもなく安全であるこという自信を提供することができます。


3-3. 法的保護
尽きることがないTetherのスキャンダルに加えて、顧客がフィアットのために仮想通貨市場から撤退しようとする際、Bitfinexや Krakenのような取引所からUSDTを引き出すことができないということがあります。

そして結局は、市場が弱気市場に転じる兆しがある特定の時期に、経験豊富なトレーダーを資金が引き出すことができない状態で放置することになります。
このことによって、人々は法的権利があるべき利益を失うことになります。TrueUSD を保有する信用できるエスクロー口座は、特定の時点で顧客の資金をフィアットに交換できない場合は法的責任を負うことになります。

中央集権型の取引所にTUSDを保管すると、資金を選択した時期に引き出すことができない場合、法的措置が取られることが保証されるとは限りませんが、このエスクロー口座の戦略が、顧客の手続きを前進させたい場合に中央集中型の取引所に同様の措置をとるように強制するべきです。


3-4. 担保の選択
・検証可能で安全なフィアット担保型ステーブルコイン
フィアット担保型のステーブルコインは、現在のところ正しく設計されている場合にはユーザーの資金の絶対的な安全性を確保するための最も実行可能なソリューションであると言えるでしょう。

前述の通り、TrueUSDは常に監査される信用できるエスクロー口座の分散型ネットワークを使用して完全に担保され、顧客の資金におけるいかなる損失に法的責任があります。

TrueUSDは中央集中型の機関に信託を委ねる 場合に人々が懸念するかもしれない問題の1つ1つに取り組んでいます。つまり前任者の失敗からいろいろと学んでいるのです。

実際には、会社は明らかに中央管理されているものの、顧客の資金が分散型のネットワークで管理される方法により単一障害点を避けることを保証し、TUSD の発行やバーン(焼却)の過程から会社を引き離すため、TrueUSD 自体が分散型であるということも可能です。

・実世界での採用のために決定的な価値保存
完全な担保、定期的な監査、法的に裏付けられたステーブルコインであるTrueUSDは、 実世界のユースケースために必要な本質的な属性を、仮想通貨エコシステムに提供できるように思われます。

例えば、腐敗した政府や不安定なフィアット通貨相場の状況から脱出したい人々にとって、TUSDは直に米ドルの現金を保有するよりも確実に安全である実現可能なヘッジのようです。TrueUSD が連携するエスクロー口座の分散型ネットワークは、一人の個人がこれまで得ることができなかった非常に高い資金セキュリティを提供します。

また、いかなる資金損失からの法的保護も提供します。経済的なユースケースの1つは、給与がTrueUSD で支払われる場合です。これが採用された場合、政府発行の資金を完全に回避することができるため、TUSD は通貨の安定性を必要とする国にとって重要な交換媒体になることができるでしょう。

ただし、近い将来でより予測できることは、実世界の資産のトークン化においてTrueUSDが果たすことができる役割です。
ますます成長している市場が信頼のおける価値保存を心底必要しているため、TrueUSDは不動産、美術品、金のような商品などの現実世界の資産をトークン化しようとする人々にとって最適な媒体になる可能性があります。

完全な担保、第三者機関による定期的な監査、悪意のある行為者に対する法的補償を提供するためのインフラが整っている場合、TrueUSD が市場において利用される可能性が確実にあるからです。

世界規模で仮想通貨取引所におけるナンバーワンのステーブルコインとなると同時に、実世界の資産のトークン化はTUSD にとって次の最適なアプリケーションになるように思われます。

最終的に、TrueUSDがどのコインよりも先に市場を独占することができる場合、 256兆ドルの市場が待っているので、ステーブルコインであるTetherの現在の時価総額を上回る成功を得ることができるでしょう。

4. TrueUSD (TUSD)のカタリスト(相場を動かす要因)


4-1.Tether問題への取組み
直面する広範囲にわたる欠点に取り組む完全なソリューションが見つからなかったため、最近までUSDTには対抗しようとする他のステーブルコインすべてを真に上回る市場独占力がありました。

ところがTrueUSDは、完全に担保され、信用できる第三者機関によって常時に監査され、法的に裏付けられたステーブルコインであり、Tether のプロジェクトにおける信頼できない点に正面から取り組んでいます。ステーブルコイン市場が混乱し続けているため、新しいペッグ通貨が市場においてトップのステーブルコインとなるまで時間がかからないでしょう。

現在、多くの取引所が唯一のステーブルコインとしてのUSDTを捨て、他のステーブルコインを採用しています。例えば BBOD は、TrueUSDでのデポジットを受け入れ、TUSDに対して16の異なる仮想通貨取引ペアで先物取引を提供する予定です。


4-2. 新興市場
2017年における仮想通貨の強気市場が続いた間、ステーブルコインは単にトレーダーが市場の悪化を避けるために彼らのポートフォリオをヘッジする方法として見られていました。 しかし、市場が発展するにつれてステーブルコインには他にも複数のユースケースがあることが明らかになりました。

おそらく、最も強烈なユースケースは現実世界の資産をデジタル資産にトークン化するための256兆ドル市場です。

これが大規模に行われるために、ブロックチェーンに高額価値を置きたい人々が利用できる信頼できるステーブルコインが必要であり、TrueUSD はこの市場にアピールする態勢であるようです。達成した場合には、TUSDは瞬時でUSDTの時価総額を上回るでしょう。

5.TrueUSD (TUSD)のリスク要因

・飽和状態の市場
どの市場においても同じように、独占力が崩壊するほどの大きい機会が到来すると、多くの企業は次の市場リーダーに確実になるために、大金を投入することをも厭いません。

このような機会は見逃すことができないほど大きいものであるため、今や多くの企業が業界トップのステーブルコインになろうと市場に進出しています。これまでのところ、TrueUSDは(Coinbase やCircleによって所有される)USDCやUSDTのような強力な競合相手がいる中で、( 執筆時点で)時価総額3位にランクインしています。

TrueUSDが今後トップのステーブルコインになりたい場合、 確実に最高の水準となる市場セグメントを慎重に選ばなければならないでしょう。包括的なステーブルコインの時代は終わったのです。TrueUSDにとって、取引所における利用の広がりと同時に、実世界の資産のトークン化が最善の策であるように見えます。

6. 結論

Tetherのスキャンダルをきっかけに、人々は投機で利益が得られない、価格の安定性が必要な時期に自身の資金をどのように保管したいかを問うようになるべきです。

TrueUSDは、完全な担保、第三者機関による監査、法的に裏付けされたステーブルコインを提供し、ユーザーの資金が常に安全であることを保証するために、信頼できるエスクロー口座の分散型ネットワークを利用します。

このような利点は、ポートフォリオをヘッジしたいトレーダーや、資産をトークン化したい人、または腐敗した政権から脱出したい人などに利用されるかもしれません、つまり様々なニーズに対応します。

このように安全な代替手段が利用可能になった今、ステーブルコイン市場はますます飽和状態になるでしょう。そのため、市場参加者は市場における選択肢を検討し、最も良いステーブルコインを利用するように努める時期にいるのです。現在のところ、TrueUSDがまさに市場で利用可能な最も信頼できるステーブルコインであるように思われます。

免責条項
BBODリサーチは独立した仮想通貨研究所であり、仮想通貨やブロックチェーン技術に関する総合的で公平な根拠に基づいた研究やレポートを発行することを目的としています。この分析を行うに当たって、報酬(仮想通貨やその他)を一切受け取っておりません。

記事提供:Blockchain Board of Derivatives(BBOD)

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る