米スターバックスがBakktの株式を大規模に取得、スターバックスにビットコイン決済導入か-情報筋によるコメント

米スターバックスは、待望されるビットコイン取引プラットフォームBakkt(バクト)の大規模な株式を取得していた事が明らかになりました。契約に近しい関係者がTheBlockに語った内容によると、スターバックスは株式の見返りに、Bakktのソフトウェアで店内でビットコイン(BTC)支払いを受け入れることに同意したという。

目次

相互に有益な契約

この契約は、昨年8月のBakkt取引プラットフォームの正式発表に先立って行われています。関係者は、スターバックスに付与されたBakkt株式の割合を非公開としたものの、極めて大きいと示唆したという。

Bakktにとって「このレベルのブランドを持つことには大きな価値がある」と関係者はThe Blockに語っています。スターバックスの世界の約27000の店舗を考慮すると、コーヒー代の支払いにビットコインを使用できることは、日常の取引にビットコインを採用する上で大きなマイルストーンです。

スターバックスにとっても、その話題性から実際にビットコイン支払いを目当てに来店者が増加する可能性があり、潜在的な市場拡大戦略となります。株式と引き換えにコーヒーチェーンは「相互に有益な」契約を結びました。関係者は、スターバックスのBakktへの先行投資がマーケティング予算から来ることを考えると「理にかなっている」と述べたという。

店舗でのBTCオペレーションの設計

情報筋によると、当初、BakktのBTC対USDのサービスを利用してコーヒー代を支払えるのは、米国の顧客だけだという。そして国際的に拡大する場合に、スターバックスの他国の店舗に広がると見られています。

昨年のプレスリリースでBakktは、スターバックスのビットコイン取引について記しました。Bakktが管理する暗号toフィアット取引のカードが発行される可能性が示され、スターバックスの2000万のユーザー数を抱えるモバイルアプリにも含まれるかもしれません。オペレーションに近い別の情報筋は、「(スターバックスは)店舗側の顧客体験をどのような形にするか、何を許容するか、判断しています。」と語ったという。

情報筋は、設計の判断がBakktの開設の遅れによって先延ばしにされていることを認めています。また、Bakktの稼働開始と同時にスターバックスがBTCアプリを起動することは無いという見立てです;

「Bakktはまずプラットフォームを立ち上げる必要があります。彼らは暗号を保管して保持できるようにしなければならない。」

最近、Bakktの親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)のCEOは収支報告会で、プラットフォームのローンチは今年後半になると語りました。

関連記事



目次