COIN TOKYO

¥442,750
BTC +0.11%
¥15,090
ETH -0.05%
¥34.00
XRP +0.01%
¥18,292
BCH +0.31%
  • 2019/03/12
  • コイン東京編集部

暗号通貨Groestlcoin (GRS)がMasterCardサポートの発表で最大200%急騰

このエントリーをはてなブックマークに追加
〇公式アナウンスより
暗号通貨Groestlcoin (GRS)はMasterCardのサポートを発表して、Binanceでの取引価格が6314サトシから20324サトシに3倍に跳ね上がりました。コインマーケットキャップによると12日朝の時点に1GRS=15400サトシ(67.26円)、前日比141.41%増、時価総額48.4億円で市場94位に位置しています。取引高は約7割が韓国のUpbit、3割がBinanceで発生しています。
〇Binanceの対BTC取引市場 出典:Binance.com

Polis Pay Cardへの統合

3月11日にGroestlcoinは、デビットカード「Polis Pay Card」への統合についてツイートしました。デビットカードを持つ人は誰でもMasterCardをサポートする小売店やオンラインショップでGRSで支払うことができる他、以下の利点があります;

・MasterCard対応のATMでキャッシュアウト可能
・Polis Pay Walletを使ってフィアットを補充できる
・ウォレットを一度スワイプするだけで、カードを管理できる


この取り組みは、Groeslcoinが2018年3月8日に導入された支払いプラットフォームPolis Pay Walletにより実現します。PolisPayはデビットカードを使用して、フィアットと同じようにユーザーが暗号通貨(Groestlcoin、ビットコイン)を使用できるようにすることを目的としています。

GRSは、2014年3月22日に、GroWlハッシュ・アルゴリズムを採用するプルーフオブワーク(PoW)型のコインとしてリリースされました。ASIC耐性を備え、「手数料ほぼ無料」を誇ります。疑似的な匿名性で、Samouraiウォレットを補完して完全な匿名性を実現します。GRSは、セグウィット(SegWit)を実装する最初のコインであり、メインネット上でLightning Networkトランザクションを最初に実行しました。

Groeslcoinはまた、日本市場への進出も視野に、暗号ベンダー@IvendPayと協調している様です。GRSは暗号通貨の採用の分野で注目されています。





関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る