COIN TOKYO

  • 2019/03/28
  • 2019/03/28
  • コイン東京編集部 アオ

取引所コインチェックの会長に松本大氏が就任│元社長の和田氏はマネックスグループの執行役員を兼任

このエントリーをはてなブックマークに追加
27日、マネックスグループ株式会社はグループ内の人事異動などを決定したことを発表しました。
今回の人事異動で、取引所コインチェックを運営するコインチェック株式会社の取締役会長に松本大氏が就任します。

グループ各社の連携強化

コインチェック株式会社は、仮想通貨NEMの不正送金の事案を踏まえ、経営管理体制の強化を行うことを背景に、2018年4月にマネックスグループの完全子会社となりました。
同月16日の臨時株主総会において、新たに取締役及び監査役を選任し、ガバナンスを新たにしていました。

マネックスグループの発表によると、マネックスグループCEOである松本大氏がコインチェック株式会社の取締役会長に就任。元社長である和田 晃一良氏は執行役員から上級執行役員へ。
また、和田氏と同じくコインチェック創業メンバーである大塚雄介氏がマネックスグループの執行役員を兼務するとのことです。

今回の人事異動についてマネックスグループは、グループの経営体制の強化ならびにグループ各社の連携の強化を理由として挙げました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る