COIN TOKYO

¥614,286
BTC -0.33%
¥18,446
ETH -0.48%
¥33.72
XRP +0.34%
¥30,659
BCH -0.47%
  • 2019/03/28
  • コイン東京編集部

SBI設立の「マネータップ株式会社」へセブン銀行含む13行が出資

このエントリーをはてなブックマークに追加
28日、SBIホールディングス株式会社が設立した「マネータップ株式会社」は、愛媛銀行、きらぼし銀行、セブン銀行等、13行による出資を受け入れたことを発表しました。

Money Tap(マネータップ)

マネータップ株式会社は、分散台帳技術を活用したスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の事業を推進すると共に、キャッシュレス化の流れを牽引すべく今月20日新たに設立。

マネータップ社が提供する送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」は、利用者による個人間の送金を、安全・リアルタイムかつ快適に行うアプリであり、銀行口座から銀行口座へ、接続している銀行であれば自行内・他行あてを問わず、24時間365日いつでも直接送金が可能な日本初のアプリケーションです。

送金先の指定については、銀行口座番号の他に、携帯電話番号やQRコードを用いた送金機能も持ち合わせており、指紋等の生体認証と組み合わせることで、ユーザーエクスペリエンス(UX)とセキュリティの両立を図っています。

今回出資が発表されたのは愛媛銀行、きらぼし銀行、京葉銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、清水銀行、新生銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行、セブン銀行、広島銀行、福井銀行、北陸銀行の計13行。

マネータップ株式会社は、今後も内外為替一元化コンソーシアムの参加行に加え、その他の金融機関にも株主として経営に参加いただき、それら金融機関と連携して、顧客便益性の高い金融サービスを提供すると共に、キャッシュレス化を通じた新たな産業の育成及び社会コストの低減に貢献していくとコメントしました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る