COIN TOKYO

  • 2019/04/01
  • 2019/04/01
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

スイス証券取引所SIXでリップル(XRP)のETP(上場投資商品)が4月2日に発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
スイスのスタートアップAmun AGが組成する世界初のリップル(XRP)のETP(上場投資商品)「Amun Ripple XRP(AXRP)」が、4月2日に発売されます。スイスの証券取引所SIXが告知しました。

3月にAmunは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のETPをそれぞれSIX取引所で発売(ABTC、AETH)しました。リップルのETPはこれに続きます。
〇six-group.com/exchangesより

Amun AGのETPの設計

SIXの上場規則によると、ETPはパッシブ運用型の商品であり、スイスの規制当局であるスイス金融市場監査局(FINMA)の監督の対象とされていません。しかし、SIXのデリバティブの上場基準に基づいて、投資家保護要件を満たす必要があるという。

Amun AGのHany Rashwan CEOがコインデスクに語った内容によると、Amunの各暗号ETPは、同量の暗号資産で裏付けられる必要があるという。

「担保資産は、独立した適格カストディアンに保管されなければならない。価格計算は複数の当事者によって1日に複数回チェックされます。」

Amunは、米国証券取引委員会(SEC)に登録した伝統的資産と暗号資産の両方のカストディアンであるキングダムトラストと契約しています。

Amun AGの暗号資産ETPシリーズ

Rashwan氏によると、現状、暗号資産ETPの購入者のほとんどはスイスを拠点とする投資家です。一部、証券法に基づいて海外投資家からのアクセスも確認されている様です。

XRPに加えて、同社はさらに4つの暗号資産(ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラ=ルーメン(XLM)、イオス(EOS)の単一のETPの許可を得ています。これらの正確な発売時期は未定ですが、年内に全商品をリリースするとRashwan氏は語っています。

SIX取引所は2018年11月に、上位の暗号資産のバスケットで構成される最初のETPを上場しました。Amun AG社が組成する暗号ETP「Amun Crypto Fund(通称HODL)」は、投資家が証券を購入すると、その価値に基づいて、ベースとなる暗号通貨を保持するように設計されています。

HODL ETPのインデックスは、主要な暗号資産の時価総額に応じて配分されます。当時の内訳は、ビットコイン(50.4%)、リップル(31.4%)、イーサリアム(15.1%)、ライトコイン(3.1%)の4つです。

SIX取引所によると、HODLは12月と1月に総取引量でSIXでトップのETPとなりました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る