BittrexとKucoinの最初のIEOトークンセールはどちらも数秒で完売|OKBトークンへユーザーが移動

2日に実施された暗号資産交換所Bittrex(International)の初回のIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)は、開始から数秒で完売となりました。


目次

IEOトークンセールの熱狂

VeriBlockプロジェクトの7000万枚のVBKトークンは、10.4秒で売り切れました。855人の参加者が、700万ドル(約7.7億円)相当のビットコイン(BTC)を支払いました。需要過多を反映して、大勢がトークンの購入に失敗しました。


2017年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)バブルと同様に、IEOの市場は既に投資家の間で熱狂とFOMO(取り残されることへの焦り)が生まれています。成功はICOプロジェクトのファンダメンタルズよりも、プラットフォームの流動性に依存しつつあります。

Binance、Huobi、Bitmax、Bittrexのいずれかであれば、トークンセールは数秒で売り切れ、ホストした取引所に上場した時点で価格のパンプが保証されているかの様に感じられます。少なくとも初回のトークンセールの点では、いずれも即完売で終えています。今月は、大手の交換所OKExのIEOプラットフォーム「OK Jumpstart」の最初のトークンセールが控えています。



KucoinのIEOは7秒で完売

3日に開催されたシンガポールの暗号資産交換所Kucoinの最初のIEOも同様に、わずか7秒で完売となりました。MultiVAC(MTV)プロジェクトのトークンセールに約1万6千人が参加して、約1600人が購入できました。


取引所トークンのハイ・ボラティリティ

なお、KucoinのIEOは、プラットフォームのネイティブトークン「クーコインシェアーズ(KCS)」でのみ参加可能です。MTVトークンの購入に失敗した約14000人のユーザーは、一斉にKCSを売却したため、KCSの価値は約25%下落しました。4日時点、クーコインシェアーズは1KCS=173.48円、時価総額156億円で市場51位にランクしています。

〇出典:Coingecko

一方、今後開催予定の「OK Jumpstart」のトークンセールで必要となるOKEx取引所のネイティブトークン「OKB」は、前日比で約10%弱上昇しています。1OKB=270.6円、時価総額811億円で市場20位にランクしています。

セールのスケジュールは未定ですが、参加希望者は最低500枚以上のOKBトークンを、セール日の7日前から保持し続ける必要があります。



〇出典:Coingecko

関連記事


目次