COIN TOKYO

  • 2019/04/08
  • 2019/04/08
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

イーサリアム創設者ブテリン氏、韓国で「ブロックチェーンと仮想通貨は分離不可能」と説明

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国で開催されたフォーラムで、イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリク・ブテリン氏は、「ブロックチェーンと仮想通貨は切り離す事ができない。」と語りました。この発言は、韓国政府の「ビットコインではなく、ブロックチェーンを支援する」という姿勢に反応したものです。3日に現地メディア「News1」が伝えました。

韓国のブロックチェーン技術フォーラム

最近、韓国のソウル市で「ブロックチェーンと経済」というイベントが開催されました。このフォーラムは、業界や政府からさまざまな人物が招待され、韓国で発展しつつあるブロックチェーン技術が発表されました。

ブロックチェーンと仮想通貨を分離できるか?という質問に対して、ブテリン氏は以下のように答えました;

「ブロックチェーンは仮想通貨なしで実行できる技術ですが、ブロックチェーンなしの仮想通貨は存在しません。パブリック・ブロックチェーンは、仮想通貨に大きく依存します。そのため、仮想通貨は絶対に必要です。」

ビットコインの投機的な側面への懸念について同氏は、「(実際には)ブロックチェーンの技術が社会に影響を与える領域は広い。(ブロックチェーンが)何ができるのか、より多くの広報。そして、より多くの人々が体感する必要がある。」と説明しました。

ブテリン氏によると、ブロックチェーンは、ゲーム、認証、個人情報管理、保険、送金、決済など金融活動の様々な分野で急速に適用されており、セキュリティは目覚ましく向上しています。

暗号市場における不安定な規制環境の中で、韓国政府は仮想通貨よりもブロックチェーン技術を重視してきました。実際に、多くのユーザーにとって「ハイリスク投資対象」として、韓国ではICO(イニシャル・コイン・オファリング)は禁止されています。

これに対し、ブテリン氏は、「最近の暗号の冬と市場の後退が、どのようなプロジェクトが詐欺で、どのプロジェクトが持続可能かを明らかにした。」と指摘しました;

「ICOは確実に改善されており、今後も改善され続けるだろう。」



関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る