COIN TOKYO

  • 2019/04/19
  • 2019/04/19
  • コイン東京編集部 新崎優太

ビットコイン(BTC)は徐々に上値を伸ばす展開に、今後の価格はどうなるのか?-4月19日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月17日の急上昇以降、揉み合いの値動きを続けている仮想通貨ビットコイン(BTC)はボックス相場の値動きを見せていましたが、本日4月19日未明にはボックス相場のレジスタンスラインを抜ける値動きが確認され、結果徐々に上値を伸ばす展開へ切り替え始めました。ビットコインは今後、このまま節目となる60万円台を突破することになるのでしょうか?チャートを確認していきます。

ボックス相場のレジスタンスラインを抜けた仮想通貨ビットコイン(BTC)は買い・売り注文量を急増させている

(TraidingViewのBTCJPY 60分足チャート)

BTC/JPYの60分足チャートを見ていきます。4月17日にそれまでのレジスタンスラインである58万円台を突破したBTCは、その後58万円台をサポートラインへロールリバーサルしたボックス相場を形成しました。しばらく揉み合いの値動きが続いているBTCですが、本日4月19日未明には遂にボックス相場のレジスタンスラインである58万9千円台を突破する動きが確認されました。

ボックス相場を抜け、そのまま59万4千円台まで上値を伸ばしたBTCでしたが、節目である60万円台突破には至らず強い反落を見せています。本日4月19日の反落は60分足チャートでの一目均衡表雲に支えられた形となっており、今後も雲に沿った値動きを見せるのか注目です。今後も一目均衡表の雲に沿った値動きを見せる場合、本日4月19日から明日4月20日では58万7千円台近辺での値動きが予測されることになります。

また現在のBTCチャートに対して、合わせて注文比率まで確認していきます。4月17日以降から形成されているレンジ相場の中、注文比率の強い変動も見られていなかったBTCでしたが、本日4月19日のレジスタンスライン突破に合わせて、買い注文、売り注文量共に大きく急増した形となっており、BTC市場は流動性が上がっている展開を迎えています。

特にこれまで上昇を見せることが出来なかったBTC買い注文量チャートのベクトルを上方へ傾けたBTCは今後更なる上昇に期待できる状況です。また合わせて売り注文量も上昇しているBTCではありますが、多く溜まった売り注文は今後上昇するための燃料を得た形でもあり、強気相場への期待が持てます。

注文比率から見た場合、今後更なる上昇が期待できるBTC、まずは今後しっかりと上昇するために現在一目均衡表の雲に支えられた形で下値を留めているBTCが今後も一目均衡表雲に支えられた値動きを継続させるのか注目しましょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!