COIN TOKYO

¥873,033
BTC -0.16%
¥27,142
ETH -0.11%
¥41.68
XRP -0.10%
¥43,439
BCH -0.45%
  • 2019/04/22
  • コイン東京編集部

取引所ビットフライヤーが4月22日に予定していたレバレッジ最大倍率引き下げを延期

このエントリーをはてなブックマークに追加
取引所ビットフライヤーは2019年2月26日に告知を行い4月22日に実行予定であった、bitFlyer Lightning FX と Lightning Futures の最大レバレッジ倍率の変更を延期することを発表しました。
新たな日程は決まり次第改めて告知を行うとのことです。

最大レバレッジ倍率変更を延期


ビットフライヤーの発表によると、今回の延期は同日に行われたメンテナンスの際、新たなシステムに不具合が見つかった為とのことです。

ビットフライヤーは2019年2月、加盟する一般社団法人仮想通貨交換業協会の自主規制ガイドラインに基づく形で、bitFlyer Lightning FXと Lightning Futuresのレバレッジ取引の新規発注最大倍率を15倍から4倍に変更することを決定。また、2019年6月24日には4倍を超えるレバレッジ倍率を設定しているユーザーのレバレッジ設定を4倍に変更するとしていました。

レバレッジ最大倍率の変更と共に、追証発生の基準を証拠金維持率80%から100%へ、追証発生時の追加証拠金預入までの日数が3銀行営業日から2銀行営業日へそれぞれ変更となります。

今回の延期に関して、新たな日程については決まり次第改めて告知を行うそうです。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る