COIN TOKYO

¥1,087,992
BTC -0.25%
¥20,283
ETH -0.06%
¥28.80
XRP +0.00%
¥33,135
BCH +0.10%
  • 2019/04/23
  • 2019/04/23
  • コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)は2019年度の最高値を更新、今後の価格はどうなるのか?-4月23日チャート分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月上旬に価格を大きく上昇させた仮想通貨ビットコイン(BTC)は長く節目である60万円台に抵抗を受けた形で揉み合いを続けてきました。そんな中、本日4月23日にビットコインは遂に60万円台を大きく突破することに成功しました。2019年度の最高値を更新することになったビットコインは今後更なる上昇を見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

節目を突破した仮想通貨ビットコイン(BTC)、今後の上昇に期待

(TraidingViewのBTCJPY 2時間足チャート)

BTC/JPYの2時間足チャートを見ていきます。4月19日以降、節目である60万円台に張り付いた値動きを続けてきたBTCは、長く揉み合いの動きを続けてきましたが、本日4月23日に遂に60万円台を大きく突破し、現在上値を63万1千円台まで上昇することに成功しました。大陽線形成時のBTCは反落の値動きも含まれており、ローソク足には長い上ヒゲが形成されています。既に比較的大きな反落を受けているBTCが今後継続した上昇チャートを形成するのか注目です。

本日4月23日の大陽線形成により、これまで買い注文が優勢となっていた注文比率が逆転し、売り注文量が買い注文量を上回る形となりました。そのため現在のBTC市場は強い売り圧力が加わっていることになります。今後BTCが上昇チャートを継続させるためには売り注文量と同時に買い注文量も上昇する動きが必要となってくる場合があります。

また現在は大きく溜まっている売り注文量ですが、売り圧力に負けず、今後も上昇チャートを形成することが出来れば、売り注文量は損切という形で買い注文に切り替わる可能性もあります。今後のポイントとして現在溜まっている売り注文がどこまで上昇した場合、損切へ切り替わるのかということを考える必要があるでしょう。

BTC/JPYの日足チャートを見ていきます。本日4月23日に60万円台を大きく突破したBTC、今後も上昇チャートを形成する場合、次に意識される価格帯は2018年11月14日から12月15日までの下降チャートに対するフィボナッチラインとなっている65万1千円台が意識されることになります。仮に65万1千円台を突破する動きが見られる場合、BTCの売り注文量は一時的に解消する動きも見られる可能性があり、更に大きな上昇に期待できる相場も考えられるでしょう。

また現在一時反落の動きを見せたBTC、今後も下降チャートを形成する場合、これまで抑えられてきた60万円台をサポートラインとして機能させていきたいところです。節目でのサポートは結果、BTCを上昇させるための強力な下支えとなるでしょう。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る