COIN TOKYO

¥1,060,583
BTC -0.22%
¥19,810
ETH +0.35%
¥28.07
XRP -0.28%
¥31,616
BCH -0.05%
  • 2019/04/27
  • 2019/04/27
  • コイン東京編集部

ブラジルの仮想通貨取引所NegocieC​​oinsが取引量首位に、現地トレーダーはアービトラージを活用

このエントリーをはてなブックマークに追加
27日夜の時点、ブラジルの仮想通貨取引所NegocieC​​oinsは、過去24時間の取引高が1020億円(174,552 BTC相当)を越えて、市場で最大の取引所となっています。コインマーケットキャップによると、出来高の99.9%がブラジルレアル(BRL)対ビットコイン(BTC)ペアで処理されています。

市場トップの目標達成

NegocieC​​oinsでビットコインは1BTC=616,070円で取引されており、世界標準586,714円に比べて5%のプレミアムが発生しています。

4月27日、CoinMarketCapより

NegocieCoinsの親会社Bitcoin Bank Group(GBB)の統括責任者であり、CLO InvestimentosのバイスプレジデントHeloísaCeni氏が、ブラジルメディアCriptoFácilにこの記録について語っています。

「世界ランキングで1位を取る事は、当社代表のClaudio OliveiraがNegocieC​​oinsを買収した際の目標でした。当時、この目標はかなり巨大だと思ったが、時間の経過とともに、市場の成長に制限はないことに気づきました。」

アービトラージによる取引増加

cointradermonitor.com/preco-bitcoin-brasil

NegocieCoinsの圧倒的な取引量に対して、ソーシャルネットワーク上では批判的な声も多い。ネットコミュニティでは、「GBBがデータを操作している」、「取引量を膨らませている」や、「GBBグループに属する数百程度のウォレットアドレスが操作しているのでは」等と指摘されている。

NegocieC​​oinsのディレクター、Brunno Ramos氏はCriptoFácilに対して、偽造取引(ウォッシュ・トレード)の指摘を否定しました。同社は取引量に対する絶対的な透明性を保証するため、オーダーブックとIDを紐づけるなど、一連の対策を処しています。

取引量の増加に関してRamos氏は、GBBが所有する3つの仮想通貨取引所NegocieC​​oinsとTemBTC、BatExchange間で顧客が取引を行える様にする、最近のオペレーションの統合の影響だと述べました。

従来の銀行システムに頼らずに1日24時間、取引所間で直接のレアルの資金移動が可能になり、NegocieCoinsとTemBTCの取引量が急増したという。

GBBが公開したデータによると3月の総売上高は1億8200万ドルを超え、1月と2月の平均売上高の14倍となりました。

CriptoFácilによると、大規模なトレーダーやP2Pセラー(仲介業者)が、GBBのプラットフォーム上で大量の注文を実行したり、出金する上で支障が無いことを証言しています。

GBB傘下の取引所間でアービトラージの機会を活用する、匿名トレーダーは以下のように語っています;

「私は現在、GBB系列の取引所で約150 BTCを運用しています。各取引所のすべてで売買のプロセスを繰り返します。1日に少なくとも10サイクルは行っています。つまり、私だけでも1日に1500 BTCの取引量が生まれます。ビットコインの取引量は必ずしも、ユニークのビットコインの購入量ではありません。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る