COIN TOKYO

¥955,269
BTC +0.19%
¥29,320
ETH +0.27%
¥44.94
XRP +0.55%
¥48,155
BCH +2.10%
  • 2019/05/06
  • コイン東京編集部

米フィデリティ、機関投資家向けのビットコイン(BTC)取引を数週間以内に開始かーBloomberg

このエントリーをはてなブックマークに追加
運用資産7兆ドルの金融大手フィデリティ・インベストメンツが、今後数週間以内に機関投資家向けのビットコイン(BTC)取引を開始するという。5月6日、ブルームバーグが匿名関係者の情報をもとに伝えました。

ビットコインのOTC(相対取引)

フィデリティは、昨年10月に仮想通貨子会社フィデリティ・デジタル・アセッツ(FDAS)を設立し、今年初めにビットコインのOTC(相対取引)執行と注文ルーティングを提供すると発表しました。そして今年3月、ビットコインのカストディサービスを一部の顧客向けに開始していました。

情報筋によると、フィデリティは今後数週間以内に、機関投資家のみを対象にビットコインの売買を開始するという。主に他のOTC企業と同様に、大規模トレーダーを対象にする模様です。

フィデリティの広報担当アーリーン・ロバーツ氏は、ブルームバーグにメールで次のように述べています。

「現在、プラットフォーム上で選択された顧客をサポートしています。顧客のニーズ、管轄権および他の要因に基づいて、今後数週間そして数ヶ月に渡って、サービスを展開し続けるでしょう。現在、当サービスはビットコインにフォーカスしています。」

機関投資家の関心

今年3月にCNBCは、FDASがデジタル資産の取引執行とカストディサービスの一部を「選択した適格グループ」の機関投資家の向けに既に提供していると報じました。

FDASの責任者であるトム・ジェソップ氏は、ワシントンで開催された「DC Blockchain Summit」で以下のように述べていました;

「プラットフォームが稼働した一方で、特定の側面はまだ作業が進行中です。FDASはビジネス範囲を拡大していますが、そのサービスもまだ一律ではありません。1月にプラットフォームを開始した顧客もいれば、3月になった顧客もいる。他社は9月まで待つかもしれない。顧客によって状況は異なります。」

ジェソップ氏は、多くの機関投資家はまだ仮想通貨に「ウェイトアンドシー(様子見)」モードだと述べました;

「ある時点で、魅力的なエントリーポイントがあるだろう。しかし、例え最高値を大きく下回っていても、自分が先陣になりたくないのです。」

躊躇の理由の多くは、「ボラティリティ」に起因するという。デジタル通貨市場は、1日で10%変動することがあります。金融機関は依然として突然の価格変動に警戒しています。「この問題は市場構造が成熟するにつれて解決されるはずだ」、とジェソップ氏は語りました。


関連

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る