COIN TOKYO

¥1,135,075
BTC -0.51%
¥20,922
ETH -0.75%
¥29.17
XRP -0.82%
¥33,859
BCH -0.37%
  • 2019/05/13
  • 2019/05/13
  • コイン東京編集部

フラッグ上で取引されるビットコインキャッシュ(BCH)、今後の価格行動を推測

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコインキャッシュ(BCH)は、フラッグパターンから抜け出し、直近2日間で最大30%の利益を上げました。4月の強気相場で到達した365ドル(40,150円)付近で、再び強い売却ゾーンに制御されています。2018年11月中旬以来、BCHはこのゾーンで安定して取引されていません。

売却ゾーンをブレイクする場合

4月2日のパンプ以降、BCHは調整モードに入り、高いエリアから南に向かって徐々に下落していました。調整期間中、価格行動は強気のフラッグ・パターンを形成し、教科書通りのブレイクアウトを発生させました。強気の相乗りで買い手を急増させ、上方への動きを募らせました。

Investpesiaによると、フラッグは継続パターンです。価格が急激に上昇した場合、フラッグ・パターンが形成され、横方向またはわずかに下方向に移動します。この動きは、通常、長方形(フラッグ)の形をとります。横向きの価格行動の高値と安値に沿ってトレンドラインを描きます。この期間は、しばしば別の急激な上昇が続きます。トレーダーは価格が上限のフラッグを超えてブレークアウトするのを監視し、エントリーする傾向があります。

13日朝の時点、1BCH=350ドル(38,383円)で取引されています。価格が現在の上昇の勢いを維持するならば、強気が徐々に売却ゾーンをブレイクするかもしれません。強気が売却ゾーンで安定し始めることができれば、新たな買いの連鎖を招くかもしれません。

BCH / USD日足チャート 出典:Hacked

フラッグ上辺を再テストする場合

注目されている抵抗エリア、365ドルから410ドルの範囲内で減速するようであれば、フラッグ構造のブレイク地点への再テストの余地があるかもしれません。その場合、価格はフラッグの上、280ドル付近まで戻って再テストします。

BCHが調整を完了するかどうか、300ドルから280ドルで買いのエントリーが注目されます。日足チャートがこの価格上で安定して終値をつける場合、ロングを確認するでしょう。反転の目標は、大きな売却ゾーンへの抵抗エリアの入り口365ドルとなります。さらにブレイクする場合には、売却範囲の上部410ドルが次のターゲットです。

BCHは2018年11月の深刻な下落から回復するために、560ドルから600ドル、そして11月7日に最後につけた650ドル(約71,500円)を目標としています。

フラッグ・パターンの再テストで下にブレイクした場合、フラッグの直下の211ドル(23,210円)に推移すると示されます。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る