COIN TOKYO

¥1,135,396
BTC -0.47%
¥20,961
ETH -0.55%
¥29.19
XRP -0.74%
¥33,842
BCH -0.41%
  • 2019/05/14
  • 2019/05/14
  • コイン東京編集部

ドイツ2位の証券取引所シュトゥットガルトがリップル(XRP)とライトコイン(LTC)のETNを発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ第2位の証券取引所であるBoerse Stuttgart(ボルセ・シュトゥットガルト)は、リップル(XRP)とライトコイン(LTC)の価格にそれぞれ連動した4つの上場投資証券(ETN)の取引を開始するという。月曜日、コインデスクが報じました。

ドイツの証券取引所で暗号資産のETNを追加

ボルセ・シュトゥットガルトは、スウェーデンの投資信託XBT Provider AB社が組成するXRPとLTCの価格をそれぞれ追跡する証券を上場する模様です。コインデスクによると、新たなETNはスウェーデンクローナ(SEK)建てと、ユーロ(EUR)建ての2パターンずつ、計4種類販売されます。

ETNは、上場投資信託(ETF)のように証券取引所で取引され、指数などに連動する金融商品です。これらの商品により、投資家は実際に直接原資産を購入することなく、資産クラスへの価格エクスポージャーを得ることができます。

ETNは金融機関など発行体の信用力をもとに発行する債券であり、発行体の財務状況などによってETNの価格が下落したり、無価値になる場合があります。一方でETFの場合、原資産を分別管理されるため、発行体が仮に倒産しても保全されます。

「暗号通貨には大きな関心が寄せられています。これらのETNにより、ドイツの投資家は2つの暗号通貨の将来の価格動向を初めて追跡できます。」と、ボルセ・シュトゥットガルトのブルーチップ&ファンド取引担当ディレクター、JürgenDietrich氏は述べています。

Boerse Stuttgartのウェブサイトによると、現在ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のETNは、取引されています。

XBT ProviderのETN

これらの債券は既に4月から、Boerse Stuttgartの完全子会社でスウェーデンの取引所Nordic Growth Market(NGM)で取引されています。当時、XBT Providerの親会社CoinShares(コインシェアーズ)のRyan Radloff CEOは、リリースで以下のように述べています;

「既存のブローカーで口座を有す伝統的な投資家向けに、2つの新しい暗号資産が利用可能になりました。これは、暗号の取引に興味があるものの、しばしば規制されていない暗号資産交換所で新たに口座を開設する気にはならない投資家に最適です。これは、暗号資産クラスを中心としたインフラストラクチャのプロ化の点で、1つの重要なステップです。」

XBT Providerは2015年に、ナスダック(NASDAQ)のストックホルム証券取引所でビットコインETP「Bitcoin Tracker One」を発売した後、2017年にはイーサリアム(ETH)の価格連動型投資商品「Ether Tracker One」を上場しました。それぞれ;現時点で、3億7,400万ドル(約400億円)を超える投資資産を取引および構成しています。

XBT Providerが組成するETPは、暗号資産へのエクスポージャーを得る手段として、投資家に提供されています。リリースによると「証券が取引所で購入されると、対応する原資産が1:1でヘッジ」されます。しかし、この証券は、関連する原資産の所有権を保有者に授与するものではないという。同社は、2017年6月に大手カストディアンXAPOと契約しました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る