COIN TOKYO

¥872,851
BTC -0.03%
¥27,244
ETH -0.08%
¥41.83
XRP -0.04%
¥43,965
BCH -0.54%
  • 2019/05/14
  • コイン東京編集部

カルダノ創設者がポリマスと協業、世界初のセキュリティトークン・ブロックチェーン「Polymesh」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
カルダノ(ADA)の創設者でイーサリアム(ETH)の共同創設者でもあるチャールズ・ホスキンソン氏は、ポリマス(POLY)と共に、世界初のセキュリティトークン・ブロックチェーン「Polymesh」を構築する事を発表しました。ホスキンソン氏は、Polymeshの共同設計者となります。これは、米国で開催されているコンセンサス2019で発表されました。

セキュリティトークンに特化したブロックチェーン「Polymesh」

ポリマスの共同創設者トレボア・コバレコ氏によると、新たに構築されるPolymesh(ポリメシュ)は、企業の証券トークンの発行と、株式の追跡にフォーカスするブロックチェーンとなります;

「Polymeshは、新しいセキュリティトークン・レイヤ1ブロックチェーンです。セキュリティトークンには特定の基盤を必要とする独自のニーズと特性があり、Polymashはそこに特化しています。最終的には、発行体、投資家、規制当局を結び付けたいと願っています。」

ビットコインやユーティリティトークンおよび他の暗号通貨は、商品とみなされる一方、米国証券取引委員会(SEC)の明確な指針の欠如のために、依然としてグレーゾーンとされています。

有価証券や株式に関する規制はすでに各国で確立されています。Polymeshのようなシステムを構築する事で、トークン化およびデータの取り扱いに関して、コンプライアンス上のソリューションとなる可能性があります。

つまりPolymeshは、2018年1月にピークを迎えたICO(イニシャル・コインオファリング)の資金調達に代わる、より規制された代替手段として役立つかもしれません。

「数兆ドルもの金融証券があり、それらを保護するためにブロックチェーンを構築することは非常にエキサイティングな仕事です。」とカルダノ(ADA)の開発組織IOHKを務めるホスキンソンCEOは語る。

イーサリアム上で実現困難な特性

ポリマス自体は現在イーサリアム(ETH)上で動作していますが、機能制限のために独自のブロックチェーン展開に向けて取り組んでいます。コバレコ氏は以下のように述べました;

「イーサリアムの最も優れた機能はむしろ、セキュリティトークンにとってはバグとなります。私たちはセキュリティトークンの大量の発行を控えていますが、あらゆる規制、コンプライアンスの問題、およびデータなどの面で、これまでのユーティリティ・コインの発行よりも複雑です。」

ホスキンソン氏によると、イーサリアムではトランザクションの検閲が困難な特性を持つ様に設計されています。しかし、証券管理システムには、取引の凍結や取り消しなどの機能が必要です;

「すべての種類のデータは、暗号通貨に関連付けたくない有価証券に関連付けられています。セキュリティトークンを完全にオープンなシステムに設置することはお勧めできません。例えば、オープンシステムで何かが行われるたびに、それは共有リソースになります。しかし、セキュリティトークンはデータ集約型のプロトコルであるため運用コストが高くなります。今後数百万の証券トークンを考えると、これはスケールしません。さらに、凍結やリバーストランザクションなど、イーサリアムがやりたくない事をやる必要があります。」

ホスキンソン氏によると、Polymeshは完全にオープンなシステムでも、個人的に許可されたネットワークでもありません。

「むしろ、これはシステムを階層化したハイブリッドネットワークです。例えば、複数の台帳を取り、それらのうちのいくつかがクローズした設定を共有できます。そして、トランザクションが発生する可能性があるオープンシステムにそれらを追加します。」

Polymeshの目的は、住んでいる管轄区域に関係なく、有価証券の特別な枠組みを構築することです。非流動的な新興経済に眠る数兆ドルもの資産を大きな市場機会と捉えて、今後10〜15年のうちに証券化を目指しています。ホスキンソン氏は、彼らが証券に関して米国および世界の規制当局と協議していると述べていました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る