ビットコインが「最後の購入チャンス」を作る可能性|仮想通貨アナリストが指摘

ある仮想通貨アナリストは、ビットコイン(BTC)がおそらく約8,400ドル(924,000円)で短期的な天井を打ち、修正を迎えると予測しています。

最後の購入チャンス

@Filb Filbは、取引量の減少を含むテクニカル指標により、BTC価格が約5200ドル(572,000円)まで引き下げられ、投資家に「最後の素晴らしい購入チャンス」を与えると考えています。


「・LS比率(ロングが増加している)

・サポートの崩壊

・放物線の成長は不安定

・取引量の低下

6400ドル(704,000円)で反発を希望するが、最後の素晴らしい購入チャンスが提示されるるかもしれない。(フィボナッチで)上から61.8%、5200ドル(572,000円)までのリトレースメント(揺り戻し)を期待しています。」







Filb Filbは、ビットコイン(BTC)が再び9,200ドル(1,012,000円)に達すると見込んでおり、5,200ドルで再度購入する計画です。

「放物線からの乖離とフィボナッチが、価格を元の軌道に押し上げるだろう。」

彼はまた、この予測がバイアスを呼ぶ事を懸念し、間違っている事を望むと留意した。



健全な調整?

昨年1月にビットコイン(BTC)の80%の減少を予測したピーター・ブラント氏も、Filbと似たアイデアを持っている様です。ブラント氏は今月10日のCNBCで、現在のビットコインがパラボリック(放物線)な上昇相場を形成しつつあるが、再び直近最安値(4,200ドル)を再テストする可能性を指摘しました。

16日、ブラント氏と別のアナリストの会話の中で、自然な放物線の前進を得た場合、ビットコインが描くであろう妥当な軌跡が描かれました。

twitter.com/PeterLBrandt/status/1129072753020162052

仮想通貨市場の主要なメディアCoindeskは、7,839ドルのサポートを割ったビットコイン(BTC)の次のターゲットを7,579ドルとしました。そして、7,000ドルの心理的なサポートを下回る可能性を懸念しました。


16日午後、ビットコイン(BTC)は1BTC=7,294ドル(800,301円)で取引されています。

関連記事



目次