COIN TOKYO

¥1,070,674
BTC +1.02%
¥20,159
ETH +1.22%
¥28.66
XRP +0.27%
¥32,389
BCH +0.67%
  • 2019/05/19
  • 2019/05/19
  • コイン東京編集部

BitTorrentトークン(BTT)が30%高、デスクトップクライアントuTorrentでのテストラン成功が後押し

このエントリーをはてなブックマークに追加
BitTorrentブログより
BitTorrentトークン(BTT)は、人気のあるファイル共有クライアントuTorrentでのテストランが成功し、評価を上げています。BTTは金曜日のフラッシュクラッシュを免れて、高値で取引されています。

CoinMarketCapによると、BTTは土曜日に31%近く上昇し、1BTT=0.001052ドル(0.115円)となりました。ビットコイン(BTC)に対して28.5%成長しています。2月5日の最高値0.00125ドルに迫っています。

18日のBTTの取引量は2億3000万ドル以上、Binanceがほぼ3分の1を処理しました。今年初めのローンチ以来、BTTの投資収益率は米ドル建てで約9倍。時価総額は2億2340万ドル(約250億円※)で、市場39位になっています。※Coingeckoでは、9200万ドル(約100億円)で60位となっています。

uTorrentへの統合が迫る

最近、トロン創設者でBitTorrentのCEOであるジャスティン・サン氏は、デスクトップ・クライアント「uTorrent」でBTTウォレットとBTTが既にテスト中であり、6月末までに完全に機能すると述べました。さらに、BTTが第2四半期末までにトップ30の仮想通貨になると宣言しました。

昨年夏、ジャスティン氏はBitTorrentを1億4000万ドルで買収しました。その後、BitTorrentとトロンの統合プロジェクト「アトラス(Atlas)」を発表しました。今年1月にBitTorrentトークン(BTT)をトロン(TRON)ブロックチェーン上で発行しました。

月間アクティブユーザー数1億人を誇る分散型ファイル共有システム「BitTorrent(ビットトレント)」は、インターネット経由で動画や画像など大容量ファイルを送信できます。デスクトップとモバイルクライアントを介して、第三者のコンテンツプロバイダーとユーザー間で通信できます。

今年初めにBitTorrentは、BTTトークンを組み込んだ新機能「BitTorrent Speed」の計画を発表しました。BitTorrent Speedは、ユーザーがBTTトークン(BTT)と引き換えにメディアファイルや他のデータをホストし、共有することを可能にします。当時ジャスティン氏は、BitTorrent SpeedがuTorrent(Classic Windows版)で今夏までに利用可能になると述べました;

「BitTorrent Speedにより、私たちはBitTorrentプロトコルを強化し、さらに業界を超えたイノベーションを促す、より多くの機能の提供を目指します。間もなく1億人を超えるユーザーが、個人のプライバシーと世界中の接続をサポートする、境界のないインターネットの一部になる機会を得るでしょう。」

BitTorrent Speed開発責任者Justin Knoll氏は、「ユーザーがBitTorrent Speedにアクセスする時、現在使い慣れているクライアントに対して我々が行った改良にぶっ飛ぶだろう。」と付け加えていました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る