COIN TOKYO

¥1,343,158
BTC -2.73%
¥35,030
ETH -2.27%
¥46.93
XRP -5.57%
¥50,134
BCH -2.38%
  • 2019/05/20
  • 2019/05/19
  • コイン東京編集部

仮想通貨ニュースまとめ!先週(5/13~5/19)の重要ニュースを一気読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月13日から5月19日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

Bakktが7月にユーザー受け入れテストを計画

ビットコイン先物取引所Bakkt(バックト)は月曜日、期待されている現物決済のビットコイン先物商品の取引とカストディについて、ユーザー受け入れテスト(UAT)を7月に計画しているとブログで発表しました。

コインデスクによると、規制当局が10日以内に問題を見つけられない場合、プロセスは前進します。

XRPが年初来高値を更新

リップル(XRP)の価格が20%上昇しました。コイン相場によると、14日午後の時点に1XRP=0.385ドル(42.3円)で取引されています。今年1月10日につけた0.3819ドルを越えて、4ヵ月ぶりに年初来高値を更新しました。出来高は前日比1.5倍の31億ドルに拡大しました。

SECがBitwiseのETF審議期間を延長

14日、米国証券取引委員会(SEC)は、今年初めに提出されたBitwise(ビットワイズ)とNYSEアルカに提出されたビットコインETF(上場投資信託)を承認判断を再び延期しました。業界で知られた弁護士の見立てでは、次の判断期日は8月とされています。文書によると、Bitwiseは先週、提案の修正案を提出していた模様です。

14日の通知によると、以下のように述べています;

「2019年5月7日、本取引所は規則案の改正に対して第1修正案を提出しました。これは最初に提出された規則変更案を置き換えたものです。...委員会は、修正/提案された規則変更についてのコメントを利害関係者から集め、これを承認判断します。」

2019年5月14日の時点で、委員会は提案に関する25のコメントレターを受け取ったという。

bitFlyerのレバレッジ最大倍率が変更へ

取引所bitFlyer(ビットフライヤー)はbitFlyer Lightning FX と Lightning Futures の最大レバレッジ倍率を、2019年5月28日に行われるメンテナンスを以て15倍から4倍へと変更することを発表しました。

中国投資家がBTCを資産避難先に

中国の投資家は、米中対立が激化して人民元が下がり続ける中で、ビットコイン(BTC)のような他の資産でヘッジしているかもしれない。13日にCNBCが報じました。

ナショナル・アライアンス・セキュリティズの国債責任者アンディ・ブレナー氏は月曜日、顧客向けのメモで次のように書きました;

「仮に中国で資産を多様化したい場合、ビットコインは短期的な代替手段として論理的です。...最新の強気相場におけるビットコインへの買い入れが、人民元/米ドルの大幅な下落に一致していることがわかります。」

Bitfinexが勝利宣言

ニューヨーク州最高裁判所のジョエル・コーエン判事は、暗号資産取引所Bitfinex側の申し立てを認めました。ニューヨーク州検事総長事務所(NYOAG)による暫定差止命令について、Bitfinexは差止命令の内容と時間的範囲を変更するよう求めていました。

BTCが最後の購入チャンスを作る

ある仮想通貨アナリストは、ビットコイン(BTC)がおそらく約8,400ドル(924,000円)で短期的な天井を打ち、修正を迎えると予測しています。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る