COIN TOKYO

¥982,051
BTC +0.27%
¥29,270
ETH +0.25%
¥46.33
XRP -0.12%
¥46,401
BCH -0.13%
  • 2019/05/20
  • コイン東京編集部

仮想通貨アナリスト「ビットコインがもみ合い、アルトコインが上昇する」可能性を模索

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)は先週の売却期間を経て、再び8000ドル(880,000円)に上昇しました。あるアナリストは、今後ビットコインがもみ合いレンジに入り、その間にアルトコインが強気相場を迎えると信じています。

アルトコインの成長余地

20日午後、ビットコイン(BTC)は1BTC=7,960ドル、前日比2.68%高で取引されています。
BTCは過去90日間で104%増加しました。

出典:Messari

一方で、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は、過去3か月間でビットコインを上回るパフォーマンスを見せていません。

イーサリアム(ETH)は1ETH=250ドル、過去90日間で71%高、リップル(XRP)は1XRP=0.40ドルで同22%高となっています。(ハードフォークを迎えたビットコインキャッシュ(BCH)は、1BCH=407ドルで同182%高となっています。)これらを考慮して、アルトコインの近い将来の成長余地を検討する必要があります。

一般的にアルトコインの上昇は、ビットコインの価格がより安定して調整パターンを形成し始めたときに発生する可能性があります。

イーサリアムがBTCより先に局面を迎える

仮想通貨アナリストCryptomistは最近、今月末に向けてアルトコインの大きな動きが起こるかもしれないと説明しました。


「BTCは、4時間足でフラグを形成しました。私はこれが月末(5月29日頃)にブレイクすると予想しています。7200ドルの安値にサポートされ、8080ドルを高値の抵抗線とするエリア。仮に月末までビットコインがこのペナント内に留まる場合、私はアルトコインが上昇すると予想しています。」

Cryptomistは、ビットコイン(BTC)が次の大きな上昇の勢いを得るのに2~3週間かかる一方で、イーサリアム(ETH)は今後2、3日の間に重要なタイミングに差し掛かると考えています。


「2時間足チャートで見れば、ETHはBTCと同様のチャートを形成している。RSIペナントもローソク足のペナントと同調しています。21日以前に大きな動きが予想され、これがアルトコインの推進につながる可能性がある。258ドル付近の抵抗線(をブレイクするかどうか)」



関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る