COIN TOKYO

¥1,109,083
BTC -0.01%
¥21,517
ETH +0.42%
¥28.30
XRP -0.14%
¥33,354
BCH +0.25%
  • 2019/05/26
  • 2019/05/26
  • コイン東京編集部

マイニングプールMatPoolがネオ(NEO)ステーキングプールを開始、3つの利点で市場をリード

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、従来のPoW(プルーフオブワーク)マイニング業者は、ステーキング・プールへと展開しつつあります。

過去2年間にPoSチェーンが増加

2008年の誕生以来、ビットコインは急速な成長を遂げてきました。仮想通貨マイニングの面では、2016年以来プルーフオブステーク(PoS)が徐々に台頭してきました。2018年から2019年の間に、多くのPoSコインが立ち上がりました。

2018年に開設したイオス(EOS)を始め、IRIS、オントロジー(ONT)などは、DBFTのPoS(DPoS)やVBFTをベースにしたパブリックチェーンを採用しています。3月14日に開設したクロスチェーン・プロジェクトであるコスモス(ATOM)もPoSを採用しています。仮想通貨取引所Binanceのバイナンスコイン(BNB)はコスモスのPoSを採用しています。

非公式な統計によると、過去2年間の新しいパブリックブロックチェーンの80%近くが、コンセンサスメカニズムにPOSとDPOSを採用しています。こうした背景から、トークンを保有してネットワークをセキュアに保つノードサービスが緊急に必要とされています。


マイニングプールMatPoolがネオのPoSに参加

2014年に設立されたネオ(NEO)は、合意メカニズムにDBFTを備えた中国で最初のパブリックチェーンです。NEOの創設者であるダ・ホンフェイ氏は、昨年8月の8btcのインタビューで、今後数年間にわたってネットワークが分散化されるため、創業チームの影響力は減少すると述べました。

最近、中国の仮想通貨マイニングプールMatPoolは、NEOテストノードを実行するためにコミュニティから必要な投票数を獲得しました。6か月間の安定運用を経て、コンセンサスノードに加わる予定です。これまでNEOテストネットのコンセンサスノードは、NEOと緊密な5つの組織に中央管理されていました。

MatPoolのCOOであるLi Zongcheng氏によると、MatPoolがNEOノードに対応する理由の1つは、NEOが技術力と大きなユーザー基盤を持つ中国で確立されたパブリックチェーンだからです。MatPoolはNEOエコロジーについて楽観的であり、そのエコシステム構築に積極的に参加したいと考えています。

PoSマイニングプールの3つの要件

Zongcheng氏によると、PoSマイニングプールとして業界で先んじるために重要な、3つの要件があります。

最初は「資本の優位性」です。資本優位性のある採掘プールは、高品質プロジェクトの初期投資に参加でき、低価格のトークンを入手する機会があります。有利にPoSマイニングに参加する機会を得られます。通常、トークンをより多く所有するほど、より多く報酬を獲得できます。

二つ目は「リソースの優位性」です。多くのPoSチェーンはネットワークの統治方法に投票を採用しています。そして、一般投資家により近いマイニングプールは、トークンのホルダーからより多くの投票を得ることができます。例えば、取引所、ウォレットおよびメディアは、トークン・ホルダーに最も近い立場にあります。MatPoolは、8btc(中国で最も古いビットコインメディア)直下のビジネスとして、この利点を活用しています。

そして3つ目は、最も基本的な指標である「テクノロジー」です。PoSマイニングには、DDoS攻撃、侵入攻撃、ソフトウェアとハ​​ードウェアのダウンタイム、秘密鍵の漏洩などのリスクがあります。技術的な強みにより、ノードとブロックチェーンのセキュリティや安定性を確保します。

LZongcheng氏によると、MatPoolには3つの条件が揃っています。8btcの後ろ盾を活かして、コミュニティ拡大を目的とした包括的なブランドプロモーションが可能です。

8btcのファンドTimestamp Capitalにより、メインチェーンの価値をさらに高めるために、研究開発にその資本力を発揮できます。そして、成熟したパブリックチェーンとウォレット技術開発チームが継続的にノードの動作環境を監視し、タイムリーに調整できます。

PoSはブルーオーシャン

「PoWはレッドオーシャンだが、PoSはブルーオーシャンです。そのため、チームとビジネスモデルに新しい要件を設置する必要があります。」とLi氏は述べる。

MatPoolは現在、BTM、SIPC、QKC、ZENなどのPoWマイニングをサポートしており、NEO、ONT、GXC、およびIRISのコンセンサスノードを運用しています。

qkl123.comのデータによると、PoSコインは仮想通貨市場の時価総額の10%未満を占めています。Zongcheng氏の見解によると、イオスのような新たなパブリックチェーンがより複雑なコントラクトを保持するため、PoSメカニズムを採用した新世代のブロックチェーンによってさらに繁栄するという。

過去10年間のビットコインの安定運用は、PoW合意メカニズムの価値を証明しました。Cosmos、NEO、ONTなどのパブリックチェーンが拡大するにつれて、PoSが台帳の不可逆性とコントラクトの複雑さを実践し始めている様です。

先月、中国の採掘プール大手F2Poolは、ウォレット機能として新たに「ステーキング・アズ・ア・サービス(SaaS)」を発表しました。同社は、25億ドル(約2800億円)のPoS型アルトコインが2019年に生成されると述べました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る