COIN TOKYO

¥1,059,750
BTC -0.08%
¥22,313
ETH -0.30%
¥30.10
XRP -0.13%
¥32,810
BCH -0.15%
  • 2019/06/12
  • 2019/06/12
  • コイン東京編集部

Enigma(ENG)がシークレット・コントラクトを構築可能なテストネット「Discovery」を正式リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
プライバシーに特化したスマートコントラクト・プロジェクトEnigma(エニグマ)は、イーサリアム(ETH)開発者向けのプロトコルテストネット「Discovery」を正式にリリースしました。エニグマCEOのGuy Zyskind氏は、「一般的な計算でプライバシーを有効化することで、開発者ははるかに有意義で安全なアプリケーションを作成できるようになります。」と述べています。

シークレットコントラクトの構築

Enigmaのグロウス&マーケティング責任者のTor Bair氏によると、「シークレットコントラクト」と呼ばれるスマートコントラクトを構築できる様になります。シークレットコントラクトは、安全なオフチェーン環境を構築して、機密性の高い非公開のブロックチェーンデータをエンドツーエンドの暗号化で処理できます。

今回のリリースは、管理された仮想環境でローカルなシークレットコントラクトのテストのみをサポートしています。

「これから先は、ネットワークが安定し、ピアツーピアネットワークが適切に機能することを確認するだけです。」とBair氏は語る。

Enigmaには、暗号化されたデータ計算を実行する「オリジン・ノード」が動作します。これらのノードは、ネットワークにコンピューティングパワーを提供する代償として、ENGトークンで報酬を得ます。Enigmaは、いわゆるPoS(プルーフオブステーク)を採用します。

エニグマの次のパブリックイーサリアム・テストネットは、「ジェネシスゲーム」が予定されています。これは、オリジンノードが最初の選ばれた50ノードのポジションを競います。

Enigmaプロジェクトの次のマイルストーンは、パブリックなイーサリアム・ネットワーク上でのDiscoveryの立ち上げです。正確なスケジュールは明確ではありませんが、チームは2019年中のイーサリアム・メインネットでの公開を目指しています。

昨年、EnigmaはENGトークンのICO(イニシャル・コイン・オファリング)で4500万ドルを集めました。ENGトークンは前日比12.51%増、1ENG=63.79円、時価総額47億円、市場129位にランクしています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る