COIN TOKYO

¥996,133
BTC -0.05%
¥28,915
ETH +0.29%
¥46.32
XRP +0.33%
¥44,153
BCH +0.02%
  • 2019/06/12
  • 2019/06/12
  • コイン東京編集部

VISAがブロックチェーンを搭載したB2B国境間決済システム「Visa B2B Connect」をローンチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国の決済大手Visaは、ブロックチェーン技術を活用したクロスボーダー決済ネットワーク「Visa B2B Connect」を立ち上げました。これは、小規模の銀行によって仲介に使用されるコルレス銀行ネットワークの代替手段を提供します。

VisaはIBM及びBottomline Technologiesと提携して、オープンソースの「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャー・ファブリック)」を部分的に統合しました。11日、ロイター通信が伝えました。

クレジットカード決済を超えたリーチ拡大へ

エンタープライズ・ブロックチェーン・プラットフォームであるVisa B2B Connectは、企業間の直接取引を可能にし、世界の金融機関同士の国境間決済を促進するように設計されています。Visaにとって、クレジットカードによる決済を超えて、リーチを拡大しようとする動きの一環です。

ネットワークは、より速くより安価なクロスボーダー決済を可能にするために、既に世界中で30本の取引経路をカバーしています。2019年末までに90市場に拡大する見込みです。

Visaビジネスソリューションのグローバルヘッド、ケビン・ファレン氏によると、「ネットワーク自体は完全な分散型台帳ではない」という。ブロックチェーン技術の部分は、既存の決済システムよりも多くのデータを転送するために活用されています。

Visa B2B Connectは、リナックスファウンデーション(Linux)が主導したブロックチェーンフレームワーク「Hyperledger Fabric」を導入しています。Visaのシステムに「Hyperbelger Fabric」の機能を組み込むことで、ネットワーク上でスケーラブルな金融取引を執行し、円滑なクロスボーダー決済を処理します。

Visa B2B Connectプラットフォーム

Visa B2B Connectプラットフォームは、2016年10月に「SWIFTの代替ソリューション」として最初に発表されました。当時、米国のブロックチェーン企業Chain Inc(昨年ステラ財団に買収された)と共同で開発しました。

VisaとChainは当時、プラットフォームが取引状況をほぼリアルタイムに通知することで、銀行と法人顧客に予測可能性と透明性を提供すると主張しました。

このサービスは、アカウント番号や他の機密データを含む参加者の情報をユニークな識別子としてトークン化することで、不正行為の少ないより迅速な取引を容易にします。基本的に、B2B Connectを介して送信された国境を越えた企業のトランザクションは、元の銀行から送金先銀行の受取人に直接処理されます。

昨年9月、時価総額ベースでタイで最大規模の商業銀行であるカシコン銀行は、Visa B2B Connectプラットフォームを使用した国境を越えた支払いをパイロットする最初の金融機関となりました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る