COIN TOKYO

¥870,572
BTC +0.05%
¥19,058
ETH +0.08%
¥27.27
XRP +0.36%
¥26,411
BCH -0.13%
  • 2019/06/18
  • 2019/06/18
  • コイン東京編集部 ritz

Ripple(リップル)社がマネーグラムに約55億円を出資、XRPの利用促進のため

このエントリーをはてなブックマークに追加
17日、国際送金スタートアップRipple(リップル)社はMoneyGram(マネーグラム)への出資と提携の強化を発表しました。マネーグラムの送金サービスの一部で、デジタル通貨XRPの使用を意図しています。

XRapidの利用拡大へ

Ripple社は3,000万ドルを出資してMoneyGramの約10%の株式を取得します。MoneyGramには、今後2年間で追加で2,000万ドルの資金調達のオプションが付与されます。Rippleにとってこの取引は、XRPをブリッジ通貨に使用した送金プロダクト「XRapid」の有用性を示す機会となる。

Ripple社は銀行に対して、外貨準備に縛られる必要が無いXRapidを使用するべきだと提案してきました。Ripple社のブラッド・ガーリングハウスCEOは、フォーチュンに以下のように語っています;

「XRapidにより、外国銀行口座を用意する必要がなくなります。それはMoneyGramがマイナスの運転資金を持つ理由となってきました。この事は顧客を助け、また彼らの財務業務を円滑化するだろう。」

米国を本拠とするMoneyGramは、200以上の国と地域で日常生活に必要なお金を送ることを可能にする、オムニチャネルな送金と決済サービスの世界的リーダーです。‎NASDAQ‎:に上場している同社にとって、Rippleの投資は財務強化に役立つ。RippleはMoneyGramの役員会に参画するのではなく、オブザーバーに就く事になるという。

MoneyGramの最高財務責任者ラリー・エンジェリリ氏は「恒久的な資本と追加の流動性で会社をサポートするRippleの投資条件に非常に満足しています。この提携により、MoneyGramは業務効率を改善し、収益とフリーキャッシュフローを増やすことができます。」と述べている。

MoneyGramとの契約は、送金の流れの中でXRPを利用する「xRapid」が世界規模の送金企業に使用されることを意味します。MoneyGramのライバルであるWestern Unionは昨年xRapidを試用したものの、同社にとってリソースの節約に繋がらなかったと述べました。

この発表を受けて、仮想通貨市場でXRPの価格が高騰しています。18日朝の時点に1XRP=0.449ドル(48.84円)、前日比5.43%増で取引されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る