COIN TOKYO

  • 2019/07/07
  • 2019/07/07
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

米国オハイオ州ダブリン市でビットコインキャッシュ(BCH)ベースのクーポン券の実証実験を計画

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨ビットコインキャッシュ'(BCH)ベースクーポン券の実証実験が計画-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
米国オハイオ州ダブリン市で、間もなくビットコインキャッシュ(BCH)ベースのトークンがリリースされる模様です。オハイオ州を拠点とするソフトウェア会社Software Verde LLCによると、過去6ヶ月間、市の行政と協力していました。

ビットコインキャッシュ(BCH)ベースのトークンを行政でテスト

ダブリン市のトークンは、BCHブロックチェーンを使用する「SLP(シンプル・レジャー・プロトコル)」を使用して発行されます。まだ名前が付けられていないトークンは、市民の間でポジティブな行動を奨励するためのクーポンとして使用されます。Software Verdeのジョシュア・グリーンCEOは以下のように述べています。

「地域に奉仕するボランティアは、その行為に対する感謝の印としてダブリンのポイントを受け取ることができます。これらのポイントは、市主催のフェスティバルの割引入場券、地域ブランドの産品に交換したり、スポーツイベントの優先入場に使用できます。ダブリン市が使用している既存の物理的なトークンをデジタル化するためにも使用できます。」

既存のDublin Chamber of commerce発行のクーポン

グリーン氏によると、ダブリン市のブロックチェーンの取組みは、既存のシステムを補強するためのものであり、それらを置き換えるものではありません。完全にオプションです。行政によるブロックチェーン技術の有用性を証明することを目的としています。

グリーン氏はまた、トークンの正式な名前と識別子をダブリンのカスタムデジタルウォレットに組み込む予定だと述べています。またBCHベースのライトウォレットクライアント「Badger Wallet」などの既存のSLPウォレットと互換性があります。トークンはいかなる資産にも裏付けられず、使い勝手のために端数には分割できません。

SLPのカスタムトークンは、プログラミング言語「ビットコイン(BTC)スクリプト」を使って発行されます。SLPトランザクションは「OP_RETURN」と呼ばれる特別なアウトプット内にあり、これは標準のBitcoin Cashトランザクションの一部となる。最小限の(塵)量のBCHを送り、各トランザクションがトークンを転送するためのデータも含む設計です。

そのため市民は、自分のダブリン市のトークンを転送・償還するためにビットコインキャッシュ(BCH)を必要とします。ユーザーは最初に彼らのデジタルIDをダブリン市に登録する必要がある。ユーザーは0.10 USD相当のBCHを受け取り、この量は約50回のSLPトランザクションに相当します。このプロセスにより、ユーザーは自分のSLPトークンを他者と交換するか、または店舗で取引できるようになります。

Software Verde のグリーンCEOは、BCHのフルノード「Bitcoin Verde」の作成者でもあります。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!