COIN TOKYO

¥865,774
BTC -0.04%
¥18,908
ETH -0.31%
¥32.22
XRP -0.23%
¥23,255
BCH -0.14%
  • 2019/07/11
  • 2019/07/11
  • コイン東京編集部 ritz

NY州のメトロポリタン商業銀行、Tether(USDT)社に取引口座の閉鎖を要求

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨークに本拠を置くメトロポリタンコマーシャルバンクは、Tether社との取引口座を5ヵ月以内に停止すると発表した。Tetherはステーブルコイン「テザー(USDT)」の発行会社で、仮想通貨取引所Bitfinexの姉妹会社です。銀行関係者の情報に基づいて、日本時間10日23時頃にCoinDeskが伝えた。

ビットコイン市場を揺るがすTether騒動の進展

CoinDeskによると、Tetherとその関連会社は、メトロポリタンコマーシャルバンクの口座を約半年間保持した模様。銀行のスポークマンは、これまでに最小限の取引活動しか行っていないと語ったという;

「メトロポリタンコマーシャルバンクは、Tether Holdings LTD、iFinex Inc、Digfinex Incと限定的な事業口座を持っており、その活動はごくわずかです。口座開設から5か月以内の閉鎖を要求しました。」

今月8日、BitfinexとTetherの親会社iFinexと係争中のニューヨーク州検事総長事務所(NYOAG)は、28種の文書を公開した。これらの文書は、ニューヨーク州内で事業を行ったiFinexを、マーティン法の権限下で調査する権利を裏付ける目的で提出された。iFinexがニューヨークの投資家向けにサービスを提供したという証拠が示された。そのうち一つは以下のように指摘していた;

”2017年から2018年の間、ニューヨークに本拠を置く2つの銀行、メトロポリタンコマーシャルバンクとシグネチャーバンクに口座を開設し、ニューヨークの金融機関ノーブルバンクで口座を使用した。”

シグネチャーバンクはiFinexの問題について「コメントしない」とコインデスクに伝えています。

4月にNYOAGは、差し押さえられた顧客資金8億5000万ドルをカバーするために、Bitfinexが姉妹会社Tetherの準備金6億2500万ドルを流用したと訴追した。2019年初めにBitfinexは、Tetherの準備金から7億ドルを借り入れていた。Tether社の準備金は、ステーブルコイン「テザー(USDT)」の裏付け資金である。

BitfinexとTether及び関連会社は、7月22日までにNYOAGの申し立てに対する回答を提出する必要がある。公聴会が7月29日に予定されている。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る