COIN TOKYO

  • 2019/07/15
  • 2019/07/15
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

BitMEX(ビットメックス)、インデックスにKrakenを戻す時間帯の目途を報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
BitMEX(ビットメックス)がインデックスにKrakenを戻す時間帯の目途を報告-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
主要なビットコインデリバティブ取引所BitMEX(ビットメックス)は、7月15日の15:15 UTC(日本時間16日0時15分頃)に、Krakenを同社のインデックスに再導入する事を報告しました。実際には、Krakenの取引再開の確認後に実装されます。BitMEXは依然として以下のように述べています;

「すべてのトレーダーは、インデックス価格が大幅に変動する可能性があることを認識しておく必要があり、これらのインデックスを取引する際に、注意を払う必要があります。」

ビットコインは1万ドルを一時下回る

7月14日21:00 UTC(日本時間15日6時頃)から、BitMEXは同社のインデックスからKrakenを一時的に外していました。これはKrakenのアップグレードによるサービス停止に対応した処置となります。これによりBitMEXのインデックスは、比較的リテール市場の値動きの影響を受けやすい状態になっています。

アップグレードの間、BitMEXの永久スワップ(XBT)の指数は欧州の取引所Bitstampと米国のCoinbase ProのBTC価格のみで構成されています。現在までに、2つの取引所でビットコイン(BTC)の極端な大量取引は観測されていません。しかし、BTC価格は一時1万ドルを下回り、その後反発。15日午後の時点に1BTC=10230ドル(1,104,840円)付近で取引されています。

BTCUSD、15分足、上段:Bitstamp、下段:Coinbase

15日の15:15 UTC以降、BitMEXの7種類のインデックスに再びKrakenが盛り込まれ、本来の構成に戻ります。



関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る