COIN TOKYO

¥793,645
BTC -0.01%
¥15,830
ETH +0.03%
¥24.09
XRP +0.04%
¥23,038
BCH -0.38%
  • 2019/07/16
  • 2019/07/15
  • コイン東京編集部 アオ

仮想通貨ニュースまとめ!先週(7/8~7/15)の重要ニュースを一気読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 7/8~7/15の重要ニュースまとめ-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
7月8日から7月15日までの1週間を振り返りたいと思います。この1週間も多くの仮想通貨ニュースが生まれました。忙しくてなかなか仮想通貨ニュースをチェックできない方も、この記事をご覧頂ければどんな出来事が起こっていたかを把握できるはずです。

BTCハッシュ値が過去最高に

ビットコイン(BTC)ネットワークのハッシュレートは、前年比109%の成長を記録し、7月7日に過去7日間平均で毎秒6,530万テラハッシュ(TH / s)=65 EH / sの新たな最高記録を達成している。

シンガポール税務局が仮想通貨決済の非課税草案を提出

シンガポールの税務当局(IRAS)は、交換や決済を目的とした仮想通貨取引から、物品サービス税(消費税「GST」)を除外することを検討しています。

.BTCの今後を左右する重要イベントを紹介

一時は150万円までの高値をつけたビットコイン(BTC)価格の急騰には、世界情勢の変化が根強く関係しています。
そして今後も、世界情勢とビットコイン(BTC)価格の連動性がこれまでと同様に続くのであれば、ビットコイン(BTC)価格は長期的には上昇が続くでしょう。
最近注目された世界的な政治・経済イベントとして、G20、米中貿易戦争、アメリカ利下げ観測、アメリカによるイランへの経済制裁が挙げられます。

本記事では、それぞれのイベントがビットコイン(BTC)価格に与えた変化を振り返るとともに、今後ビットコイン(BTC)価格に影響を与え得るイベントを先取りしてご紹介します。

Dappsが抱える問題点と解決策とは

GAFAのブロックチェーン事業への進出や大手企業でのブロックチェーン採用がニュースを賑わすようになってきました。しかし、ブロックチェーン自体はまだまだ課題の多い分野です。それは技術的・法規制的・ビジネス的、そしてユーザの体験的にと広い分野に言えることです。

本稿ではユーザ体験(= UX)に焦点を当て、現状でどのような課題がありどのように解決されている、またはされるべきか、ブロックチェーンの向かうべき方向性を論じていきます。

テザー社に取引口座閉鎖を要求

ニューヨークに本拠を置くメトロポリタンコマーシャルバンクは、Tether社との取引口座を5ヵ月以内に停止すると発表した。Tetherはステーブルコイン「テザー(USDT)」の発行会社で、仮想通貨取引所Bitfinexの姉妹会社です。銀行関係者の情報に基づいて、日本時間10日23時頃にCoinDeskが伝えた。

ディーカレットが34億円の出資を受ける

11日、取引所ディーカレットを運営する株式会社ディーカレットは、筆頭株主である株式会社インターネットイニシアティブをはじめ、KDDI株式会社、コナミホールディングス株式会社、住友生命保険相互会社、綜合警備保障株式会社(ALSOK)など合計12社から、総額34億円の出資を受けたことを公式サイトにて発表しました。

バイナンスが証拠金取引をスタート

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が本日、正式にマージン(証拠金)取引機能を開始しました。*なお、日本はサービス対象外です。

Binanceのマージン取引では5つの仮想通貨で利用でき、それぞれを担保に利用できる様だ。スタート時のサポート通貨は、ビットコイン、リップル、バイナンスコイン、トロン、イーサリアム。それぞれBTCかUSDTと取引できる。ガイドによると、レバレッジは最大3倍となる;

”マージンウォレットの残高に対して、3:1(3x)の固定レートで、借りられる資金量が決まります。したがって、BTCが1枚ある場合、さらに2枚借りることができる。”

トランプ大統領がBTCを否定

11日、米ドナルド・トランプ大統領はツイッターで、ビットコイン(BTC)を含む仮想通貨の「ファンではない」と宣言し、その「価値は非常に不安定で、何の根拠にも基づいていない」と指摘した。そして、信頼できる米ドルを「米国で唯一の実質通貨」にすべきだと述べた。

トランプ大統領は、フェイスブックが新しく発表した仮想通貨Libra(リブラ)が「地位や信頼性がほとんどない」として、「フェイスブックは銀行設立免許(Bank Charter)を要し、他の伝統的な金融機関と同様に規制されるべき」と述べている。

ビットポイントにハッキング被害

7月12日、Bitpoint(ビットポイント)がハッキング被害に遭ったと発表。Bitpoint(ビットポイント)のハッキング被害総額は35億円と確認されており、被害に遭った通貨はリップル(XRP)、その他詳細な額や他の通貨について現在確認中とのこと

BTCと金の相関性が増加

Coin Metricsのデータによると、過去5年間に渡って金(ゴールド)とビットコイン間の相関係数は低水準でした。しかし今年に入って、2つの資産価格の推移に相関性が高まっています。一方でアルトコインとビットコインの相関性は、直近数か月に低下し始めています。

米議会がLibraに対して牽制

米議会の指導者が、巨大ハイテク企業によるデジタル資産の発行を禁じる法案を起草した様です。13日にThe Blockが報じています。

ビットポイントが流出分の仮想通貨を調達

14日、取引所ビットポイントが今月12日に発生した仮想通貨流出事件について調査の進捗を報告しました。

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る