COIN TOKYO

¥793,645
BTC -0.01%
¥15,830
ETH +0.03%
¥24.09
XRP +0.04%
¥23,038
BCH -0.38%
  • 2019/07/18
  • 2019/07/18
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

ビットコイン(BTC)のボラティリティが最も激しい時間帯を探る

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)のボラティリティが最も激しい時間帯とは?-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
分析機関Longhashは、ビットコイン(BTC)のボラティリティが最も激しい時間帯を調査した。仮想通貨トレーディング市場は、24時間365日オープンにされている。同社は、2017年7月6日から2019年7月2日まで過去2年間のコインベース(米国の仮想通貨取引所)の価格に基づいて分析した。

1時間毎の高値と安値が集計された。下図では、1日の中で最高値と最低値を記録した回数が、時間帯毎にまとめられている。最高値(ピンク)と最低値(青)となっている。
ソース:Longhash

BTCのボラティリティが最も激しい時間帯

ビットコイン(BTC)の価格変動が最も大きい時間帯は、UTC午前1時(日本の午前10時)だった。この時間は、1日の最高値と最低値の両方が記録されています。この時間は北米では夕方の始まり頃であり、欧州の真夜中、アジアの始業時間にあたる。北米とアジアのトレーダーが同時にアクティブになる可能性が最も高い時間帯と言える。Longhashは、「アジアのトレーダーは1日の始まりに、その日のニュースに反応している可能性があり、北米のトレーダーはアジア市場の動きに反応するかもしれない。」と分析した。

過去3か月間、CMEのビットコイン先物限月(SQ)に先行する急落のパターンが続いていました。この際の時間帯を見てみます。

5月30日、ロンドン時間(UTC)の15時30分頃からビットコイン(BTC)が上昇し、1BTC=9,000ドル以上に達して、しばらく維持しました。やがて8,700ドルに戻り、およそ21時過ぎに8,000ドルの直近安値に下落しました。

4月の先物期限は26日金曜日でした。その前日21時頃(UTC)にビットコインが10%下落しました。下の図は上段が4月、下段が5月、ロンドン時間(UTC)で表示されています。

6月契約は28日金曜日に終了しました。26日、ビットコイン(BTC)は約11,700ドルから約13,800ドルまで、450億ドルもの取引量を伴って2,000ドル以上上昇しました。しかし、27日に入る直前に11,700ドルまで急落しました。その後28日までに、1BTC=10800ドル(118,800円)へと減少しました。

先物期日を狙った大口投資家の仕掛けを分析したTrustnodeは、以下のように述べています;

「ロンドン時間(UTC)の午後9時は最適なようです。翌日午後3時までにさらに下向きの勢いをつける事ができます。その後、契約は期限を迎え、ウォール街のショーターはお金を稼ぐことができます。」


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る