COIN TOKYO

¥1,143,151
BTC -0.35%
¥20,753
ETH -0.99%
¥29.24
XRP -0.33%
¥33,484
BCH -0.63%
  • 2019/07/19
  • 2019/07/19
  • コイン東京編集部

デリバティブ取引所BaseFEX、7種類の無期限先物を上場廃止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
BaseFEXが7種類の仮想通貨を上場廃止
新興の仮想通貨デリバティブ取引所BaseFEXが、7種類の無期限先物(パーペチュアルスワップ)の上場廃止を発表しました。今後は、主要なコインの市場の流動性向上に専念するという。

7種類の無期限先物を上場廃止

上場廃止となるペアは以下の通りです。

・EOSXBT(イオス)
・ADAXBT(エイダ)
・TRXXBT(トロン)
・BNBXBT(バイナンスコイン)
・HTXBT(フオビトークン)
・OKBXBT(OKEx)
・ATOMXBT(コスモス)

上場廃止は7月19日6:00 UTC(日本時間19日午後3時)に実施されます。それまでに、これらの契約のすべての未決済ポジションは市場価格で決済されます。

一方、今後も利用可能なペアは、以下の通りです。

・BTCUSD(ビットコイン)
・ETHXBT(イーサリアム)
・XRPXBT(リップル)
・LTCXBT(ライトコイン)
・BCHXBT(ビットコインキャッシュ)
・BTCUSDT

BaseFEXは香港に本拠を置き、Base Investing Corporationとしてセイシェル共和国に登録されています。2018年12月に正式に取引プラットフォームをオープンしました。最大100倍のレバレッジを提供し、競合(BitMEX、Deribit)と比べて多種類の仮想通貨をサポートする事で差別化されていました。

一方、仮想通貨取引所バイナンスは18日、証拠金取引プラットフォームにチェーンリンク(LINK)とイオス(EOS)を追加しました。同社は、7月11日に仮想通貨を借りて、ビットコインとテザーに対して取引できるようにしていました。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る