COIN TOKYO

  • 2019/07/21
  • 2019/07/21
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

Bitcoin SV(BSV)が続伸、24日にハードフォーク「Quasar(クエーサー)」を予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン・サトシビジョン(以下「Bitcoin SV(BSV)」)が続伸している。21日夜の時点、CoinMarketCapによると、1BSV=180.58ドル(19322円)。17日の直近安値108.61ドルから66%上昇した。1日の出来高は6億ドルを越え、主にOKEx、DigiFinex、CoinBene、Huobiのテザー(USDT)市場、およびUpbitの韓国ウォン(KRW)ペアで取引されている。

ハードフォーク「Quasar(クエーサー)」を予定

Bitcoin SV(BSV)は、7月24日にアップグレード「Quasar(クエーサー)」を予定しています。Quasarを迎えると、デフォルトのブロックサイズのハードキャップ(上限値)は現行の128MBから2GB(2,000MB)に引き上げられる。なお、導入初期はマイナー間で512MBの『コンセンサスハードキャップ』が設けられ、適時拡張される様だ。

19日のプレスリリースによると、アップグレードQuasarによりBitcoin SVは大規模なオンチェーン・スケーラビリティを実現し、グローバルな企業向けブロックチェーンとしての性能を備える。

”BSVは既に毎秒300回以上のトランザクションを処理できる(300 TPS)。容量は継続的に拡張され、Quasar後の数カ月間に毎秒1000回以上のトランザクションを実現する計画です。このキャパシティレベルはVISAに匹敵し、エンタープライズアプリケーションをサポートします。”

Bitcoin SV(BSV)プロジェクトを先導するBitcoin Associationの創設者であるJimmy Nguyen氏は、Quasarのアップグレードがマイナーにとってどれほど有益か、以下のように述べている;

「マイニングの収益性を維持するために、マイナーは各ブロックからより多くの取引手数料を稼ぐ必要があります。2019年5月21日にBSVテストネットで1.42GBのブロックが採掘されました。この時初めて取引手数料がブロック報酬(12.5 BSV)を上回りました。これはビットコインの本来の経済モデルを反映しており、サトシがマイナーの利益を確保するために描いた形です。」

nChainのチーフテクノロジーオフィサーで「Bitcoin SV Nodeチーム」のテクニカルディレクター、Steve Shadders氏は、「Quasarのアップグレードにより、マイナーが市場の力に基づいてブロックサイズを管理する役割を果たすようになる。」と述べている。

「BSVネットワークは2020年2月のアップグレード『Genesis』で、デフォルトのハードキャップは完全に排除される。マイナーがブロックサイズに責任を負う、新しいビットコイン文化を育成するだろう。」


BSVのビッグブロックの運用には課題もある。今年4月にBitMEXリサーチは、Bitcoin SVブロックチェーンの「リオーグ(再編成)」を報告した。同社によるとリオーグは、採掘されたブロックがネットワークに速やかに「伝播」せず、「オーファン(孤立)」される場合に発生する。BitcoinSVなど、より大きいブロックで特に影響を受けやすい。

こうした課題に対処するため、Bitcoin SV Nodeチームは、BSVマイナーがビッグブロックを作成するのに有用な性能アップグレードを提供していく計画だ。チームは最近のブログで以下のように述べている:

「マイナーに、彼らの新しい役割に慣れるために時間を与える必要があるだろう。また、上限のないブロックサイズをより安全に管理するため、より良いツールを提供するためにもう少し時間が必要だ。」

仮想通貨の最新情報をお届けします!

人気記事ランキングまとめ

もっと見る