COIN TOKYO

  • 2019/07/27
  • 2019/07/27
  • コイン東京編集部 コイン東京編集部

著名な投資家ビル・ミラーのファンド、ビットコイン(BTC)上昇で上半期に46%の成長

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビットコイン(BTC)上昇で著名な投資家ビル・ミラーのファンドが46%の成長-仮想通貨ニュースサイト コイン東京
著名な投資家ビル・ミラー氏が2016年に設立したヘッジファンドMVP1は、ビットコインの価格が急上昇した2019年上半期に46%の好成績を上げました。

MVP1のパフォーマンス

MVP1のポートフォリオは、Amazonやセキュリティ会社ADTが含まれます。どちらも予想を下回る収益を報告して成長が鈍化している。ビットコインは化粧品メーカーAvonと並んでMVP1の今年前半の利益を先導しました。5月に、Avonは競合の美容会社Natura Cosmeticosに買収され、6月30日までに155%のリターンを上げました。2018年末に3,709ドルだったビットコインの価格は、今年6月下旬に最高で13,064ドルまで上昇しました。

MVP1のファンドの資産は1億2,600万ドル。ミラー氏はボルチモアを拠点とするMiller Value Partnersで合計23億ドルを管理しています。

2桁の利益は、ミラー氏にとっても容易なことではない。ファンドのパフォーマンスは毎月変動しており、5月に前月比29%減少した後、6月には約39%急上昇しました。ファンドは投資に1〜3倍のレバレッジを掛けています。

過去3年間にファンドは激動を経験しました。2017年通期に182%急上昇し、昨年は株価下落に伴って34%の損失となりました。S&P 500は2018年に4%下落しました。

ビットコイン・ポートフォリオ

2017年12月のCNBCのインタビューによると、MVP1ファンドはある期間に持分の約50%をビットコインで保有していた。ミラー氏は、資金の半分を占めた期間はそれほど長くないと述べたが、ビットコインを売却したい訳では無いと付け加えた。

今年1月のInstitutional Investorのインタビューで、ミラー氏はビットコインへの投資について以下のように述べています;

「私はビットコインに強気な訳ではなく、オブザーバーです。それは魅力的な技術的実験ですが失敗してゼロの価値があるかもしれない。しかしそうならなければ、そして今のところ起きそうにない、適切なリターンを得られるだろう。1・2年の落ち込みによって、長期的な可能性を判断することはできません。」

ビル・ミラーは、レッグメイソンバリュートラスト(Legg Mason Value Trust)を経営した時期に15年連続でS&P 500で勝利して名声を得ました。ミラー氏の特徴は、バリュー投資をハイテクやIT企業に応用して、環境変化に応じて投資戦略を進化させること点にあります。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る