COIN TOKYO

¥1,083,070
BTC -0.11%
¥20,033
ETH +0.07%
¥28.18
XRP -0.01%
¥31,998
BCH +0.18%
  • 2019/08/08
  • 2019/08/08
  • コイン東京編集部

マスターノード投資ファンドINDX、ステーキング型仮想通貨の期待収益トップ10を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
INDXがステーキング型仮想通貨の期待収益トップ10を発表-仮想通貨ニュース コイン東京
トークン化されたマスターノード投資ファンドINDXは、すべてのステーキング、マスターノード、およびDPoSプロジェクトの市場をスキャンして、期待利回りに基づいたプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンのトップ10を発表しました。

INDXのプルーフオブステーク仮想通貨トップ10

INDXのRayyan Fathallah CIOによると、同社の「トップ10クリプトステーキングトークン」は、基本的に、時価総額が最大かつ最も流動性の高いコインで形成されています。さらに、アルトコインの今後の強気市場から利益を得る可能性の高いコインが選ばれています。

ステーキング型トークンランキング

INDXは、「ボラティリティ、ボリューム、流動性、リスク、完全性」を定量化して、独自のアルゴリズムで期待収益を算出しています。INDXはSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)を行っており、ステーキング・ポートフォリオの運用益の50%を配当として、STO参加投資家に配布します。

プルーフオブステーク(PoS)市場

ビットコインが採用する「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」は、マイナーが競って数学的問題を解き、ブロックを生成して報酬を受け取ります。一方、「プルーフオブステーク(PoS)」は、コイン保有者がウォレットにコインを「ステーク(固定)」して、トランザクションの承認活動に参加・委託することによって報酬を受け取ります。

一部のアナリストによると、PoSコンセンサスメカニズムはPoWよりもカーボンフットプリントを抑えて、集中化のリスクを小さくするなどのメリットがあります。テレグラムの大型プロジェクト「GRAM」トークンや、イーサリアム(ETH)のPoSへの移行計画など、業界でPoSへの注目度が高まっています。

PoSに関連するインフラも拡大しつつあり、急先鋒として仮想通貨取引所のステーキング報酬の対応が増加しています。最大規模の取引所バイナンスは8月8日現在、以下の仮想通貨のステーキング報酬の配布に対応しています。

ネオ(GAS)、オントロジー (ONG)、ヴィチェーン(VTHO)、トロン (BTT)、ステラー (XLM)、コモド (KMD) 、アルゴランド (ALGO)、ストラティス(STRAT)、クオンタム(QTUM)。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る