COIN TOKYO

¥872,552
BTC +0.19%
¥19,048
ETH +0.22%
¥30.92
XRP +0.42%
¥23,573
BCH +0.46%
  • 2019/08/13
  • 2019/08/13
  • コイン東京編集部 ritz

アルゼンチンでビットコインの需要が低下か、「国民は米ドルでヘッジする」

このエントリーをはてなブックマークに追加
アルゼンチンでビットコインの需要が低下
12日、マウリシオ・マクリ大統領が大統領予備選挙で予期せぬ大敗を期した後、アルゼンチンの株式、ペソ、債券市場は2ケタ台の下落を経験した。財政規律を無視した年金増額など、大衆迎合策を掲げるフェルナンデス氏が得票率47.7%で、現職で中道右派のマクリ氏の32%に大勝した。為替市場ではアルゼンチンペソが対ドルで一時30%超急落しました。

ブルームバーグによると、アルゼンチンペソは1ドルあたり先週末比25%下落して60.5ペソになり、1日の下げ幅では、8月の「トルコ・ショック」を大きく上回った。2017年に発行した100年国債(センチュリーボンド、償還期限2117年)は先週末の1ドルあたり74セントから56セントへ急落した。さらに、アルゼンチンの主要な証券市場も、取引開始後すぐに11%減少し、約33%まで下落しています。

マクリ大統領は、彼の統治下でアルゼンチンのインフレ経済に対する信頼の低下に悩まされてきました。予備選挙での16%の敗北は、10月の大統領選挙の見方を暗くしています。

1BTC=28,000ドルを付けるも需要は否定

アルゼンチンの仮想通貨アナリスト、アレックス・クルーガー氏は、国民のビットコイン(BTC)の関心の低下を指摘しました。ロイターによると、アルゼンチンペソ(ARS)の過去12カ月のインフレ率は54.7%ですが、クルーガー氏によると国民の主なヘッジ通貨は米ドルだという。

「アルゼンチンのビットコインの認知度は非常に低く、アルゼンチンのビットコイン市場は徐々に小さくなっています。」

クルーガー氏は、国の2つの取引所のオーダーブックを掲載。instanz.comの一日の取引回数はわずか50回。BTCARSの取引高は19 BTCに過ぎない。BTCARSでは、特大の需要ではなく乏しい流動性のために一時1BTC=28,000ドル相当で取引されました。Ripioは取引所をオフラインにしてOTC(相対取引)のみに移行している。

LocalBitcoinsでアルゼンチンのビットコイン取引量は増加しているが、ARSの減価を考慮すると、BTC取引量は着実に低下している。8/4週にわずか23 BTCしか取引されなかった。

12日にThe Blockは、中国でビットコインが割引価格で取引されており、中国人がBTCを避難資産としてみなしていないと指摘しました。先週、中国人民元が米ドルに対して2%以上下落した一方で、中国でビットコインとテザーは約1%のマイナスプレミアムで取引されています。


関連記事

仮想通貨の最新情報をお届けします!

関連キーワード

人気記事ランキングまとめ

もっと見る